新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

義母と叔母と少年

本を購入

本価格:486(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:600円(税抜)

獲得ポイント:6pt
書籍紹介
夜ごと悩まされる空閨を、指で快感を貪る麻美。
募りくる性欲を、義母をオナペットに慰める俊介。
義母と息子、二人きりの生活は、一度壁を越えれば
相姦地獄へ走ってしまう危うさと甘美さに満ちていた。
そこへ艶熟した女体をもてあました叔母が現われ、
少年の欲望を挑発しはじめ、妖しい事件が次々と……。
登場人物:
あさみ(29歳)義母、ゆきえ(34歳)叔母・伯母、まりこ(20歳)その他
シチュエーション:
母子相姦 | 露出(下着・水着・裸) | 覗き | 自慰 | オフィス
立ち読み
「俊くん、もう寝ちゃったの?」
「ううん、まだ起きてるけど……どうしたの、ママ!?」
  義母の突然の行動に、俊介はとまどいを隠せない。何をするのかと訝っていると、麻美はその場で着ているコートや上着を脱ぎはじめた。
「フーッ、寒い。ねえ、お願いだから、ちょっとだけ俊くんのベッドであっためて!」
  鼻に抜けたような甘ったるい麻美の声にドギマギしながら、俊介は暗闇のなかで目をこらした。
「そ、そりゃあ、かまわないけど……」
「わあ、うれしい。ああ、寒い、寒い」
  言いながら、すでにスリップ姿になった麻美が、布団をまくり上げて俊介の隣りに身体をすべりこませてきた。途端にお酒の匂いが俊介の鼻をついたが、すぐに麻美独特の芳香が俊介を包みこんだ。
  しかし、驚くのはそれからだった。確かに寒かったが、麻美はガクガクと身体を震わせながら、思いっきり俊介に抱きついてきたのだ。
「マ、ママ!?」
「ああ、寒いわ。ねえ、お願い、俊くん。ママの身体、あっためて!」
  こうして麻美の身体に触れるのは、最後に添い寝してもらったとき以来二年ぶりになる。ところが、今回は、あのときとはまったくちがった感触が俊介の肌に伝えられていた。すべすべの麻美の肌に触れた瞬間、なんとも言えない心地よさが全身を衝き抜けたのだ。
  こ、これは!?……
  それが何を意味するのか、まだ俊介にはわからなかった。だが、義母の次の行動は、さらに刺激的だった。
「フフフッ、久しぶりね、こうやって寝るの……ねえ、またオッパイ吸ってみる?」
  言うが早いか、麻美はスリップとブラジャーのカップをずらして、すでに俊介の前に、見事な円錐形を保った豊満な乳房を露わにしていた。
「さあ、俊くん。ママのオッパイ、吸ってちょうだい」
  昔と同じように、左手で右の乳房のふくらみを俊介の口にあてがい、さらに俊介の右手を左の乳房に導いた。
  ああっ、ママ!  なんて……なんて気持ちがいいんだ……。
  幼い頃の添い寝は、眠る前の儀式にすぎなかった。
  麻美の乳房を弄んでいるうちに不思議な安心感に包まれ、知らずしらず睡魔が俊介を襲ってくるのだった。だが、いまはさっきまでの眠気が、逆に吹き飛んでしまっている。
小説の朗読 声:薫 桜子

かおる さくらこ

12月12日生まれ T157-B101-W63-H89

主な作品としてVシネマ『くりぃむレモン夢のあとに』、映画『裸の三姉妹淫交』『メイド探偵』他多数。

タグとは

この書籍に付けられたタグ

電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧