新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

叔母・亜希子と姉・美保
黒い濡下着の倒錯寝室

本を購入

本価格:535(税込)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:660円(税込)

獲得ポイント:6pt
書籍紹介
あーっ、××の汗と匂いがこびりついてる……
叔母がたった今まで穿いていた黒い下着を咥え、
羞恥心を捨てて素っ裸で勃起をしごき狂う少年。
ふしだら極まる姿を全裸で撮影する写真家の叔母。
あー、早く御褒美に舐めさせて!  挿入させて!……
姉のアヌスしか知らない少年の願いは叔母相姦!
登場人物:
あきこ(35歳)叔母・伯母、みほ(19歳)姉
シチュエーション:
肛姦 | 剃毛 | 露出(下着・水着・裸) | 縄・緊縛 | 写真
立ち読み
「欲しかったら、あげてもいいのよ」
  亜希子は勃起を片手に掴んだまま、保夫の顔に顔を寄せ、舌を伸ばして、保夫の唇を、鼻を、ねっちりと舐めまわす。
「ああああっ、亜希子さん……」
  亜希子の髪に顔をふさがれ、甘い匂いにすっぽりと包まれて、保夫は陶然となる。
「欲しいなら、あげるわよ」
  言いながら保夫の体の汗や匂いを探り味わおうとするかのように、顔をずらして、首筋に、胸に、舌を這わせていく。
「ハァーッ……」
  勃起を小刻みにしごかれながら、体を舌で舐めまわされていく。得も言われぬ甘美なもてなしに、保夫はうっとりと酔いしれる。縛られたまま、ただ一方的に愛撫され、はしたなく体を貪られることに、保夫は思いもしなかった至福を覚えていた。縛られているのがうれしかった。
「あああン、いい匂い……保夫の汗はいい匂い」
  あお向けに横たわって緊縛された体に女体を添わせて、おおいかぶさり、全身を擦りつけながら、亜希子は保夫の体中に口をつけ、舌を這わせる。
「欲しいです……亜希子さんが、欲しい……」
  愛撫される快楽に恍惚となりながら、保夫は女体のように貫かれ、犯されることを望んでしまっているかのようだった。
「そう……わたしが欲しいのね」
  亜希子は、保夫の乳首を舌でねぶり、歯で噛む。
「アッ」
  甘い痛みに、縛られた体がひきつる。
「わたしが欲しいなら……」
  亜希子は唐突に身体を起こす。
「今度はおまえが、わたしをその気にさせるのよ。わたしの身体を燃えさせるの。おまえが欲しくて我慢できなくなるまで、わたしを燃えあがらせるの……おまえの口と、舌で」
  もう充分すぎるほど亜希子の身体は燃え立ち、保夫の体が、保夫の勃起が欲しくて濡れてしまっているのに、それでも亜希子は保夫をそそのかし、そして、焦らさずにはいられない。
「わたしを裸にして、わたしの身体中にキスをするのよ……」
  亜希子は保夫の隣りに横たわって、あお向けになっていく。
「は、はい」
  亜希子の艶めかしい誘いに、保夫の興奮はいやがうえにも昂る。亜希子さんを真っ裸にして、身体中を舐めまわすことができるのだ。だが、縛られた不自由な体でなにができようか。
「亜希子さん……な、縄を……」
  保夫は、横たわった亜希子に背を向け、後ろ手に縛られた手首を差しだす。
「駄目よ。そのままでいいのよ。手はいらないの。おまえの口だけでするのよ」
小説の朗読 声:時任 歩

ときとう あゆむ

東京都出身 1976年10月2日生まれ 162-B87-W58-H88

映画・Vシネマ・テレビ・グラビア等で幅広く活躍中。主な作品として映画『I・K・U』『空の穴』『どチンピラ3』など。

時任 歩公式HP「STOIC」
タグとは

この書籍に付けられたタグ

電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧