新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
フランス文化用語辞典
【腋の下・腋毛】(ワキノシタ・ワキゲ)

これは解説不要だろうが、腕の付け根の内側と、そこに生える毛のことだ。
腋の下のことをフランス書院文庫では腋窩(えきか)と書くこともある。
腋の下にこだわる、というより腋の下の匂いが好きで、そのうえ腋毛も大好きなのは鬼頭龍一だ。彼の小説に登場する女性は全員が腋毛を生やしている。腋の下に密生する、あるいはチョロチョロと生えている黒い毛に、鬼頭龍一が描く男たちは異常に性欲をかきたてられ、腋の下の匂いに酔う。女が性行為の前に風呂へ入ろうとするのは絶対に許さない。「匂いを消すのはもったいない」「あああ、いい匂い」と、腋毛を食みながら恍惚状態に陥るのだ。

【ワギナ・デンターダ】

その名の通り「歯の生えた膣」。
性交時にペニスを抜けなくしたり噛み切ったりする、東アジア諸民族の説話でよく登場する想像上の産物。
女性の歯を抜く風習が伝わっている民族では、必ず「ワギナ・デンターダ」の説話があり、オーラルセックスとの密接な関わりを指摘する学者もいる。

【ンンンンンンン】

セックスや性戯で、あまりにも気持ちよくてもれる、もらしてしまう、甘ったるいうめき声。
男だってこんな声を出す者がいるのかもしれないが、フランス書院文庫では一般的に女の甘い声のこと。
鬼才・鬼頭龍一は時折、2行にわたって、
「ああああンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンン」
と書くことすらある。

一覧 電子書籍ランキング 一覧