新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

二匹の牝犬

本を購入

本価格:535(税込)

電子書籍価格:--円(税込)

  • 本販売日:
    1986/10/23
    ISBN:
    978-4-8296-0086-3
書籍紹介
漆黒の闇に浮かぶ京都「大文字」の火を背に
新人女優、由紀の白い裸身が揺れる。
羞じらい、拒みながらも肉茎を吸い寄せ、
締めつける陰裂……プロデューサー、監督に
貪られ、競り合う媚肉の凄まじい色香が
京の街にはじけ、ただよう!
登場人物:
ゆき(18歳)女優・アイドル、りえ(18歳)女優・アイドル、きぬよ(38歳)実母
シチュエーション:
凌辱 | 処女 | 露出(下着・水着・裸) | 強制舌戯(イラマチオ・クンニリングス) | 浴室
立ち読み
「や、やめて……お願い、谷垣さん」
  谷垣は羞恥に歪んだ由紀の顔を、楽しそうに見やりながらいった。
「よう濡れとる……おまえのここ」
  差しこまれた谷垣の中指の手応えは充分であった。花弁はたっぷりと蜜を含んで熱く燃えている。
「やめて」
  由紀は谷垣の中指の攻撃から逃れようと身悶えた時、突如、電流が四肢の末端まで走りぬけるような強い衝撃を覚えた。その衝撃は、まさしく性の快感以外のなにものでもなかった。
「あっ!」
  せつない吐息を由紀は初めて洩らし、身をのけ反らした。
  その顔をみつめる谷垣の目は、小躍りしたいような勝利感に満ちていた。自分の中指を咥えこんだ女の襞は、じわりじわりと蜜液を吐き出し、中指を締めつけてくる。
  谷垣は、奥深く入れた中指を入り口近くまで引きもどすと、人差し指をもう一本差しこんだ。
「あっ、いたい!」
  由紀は反射的に腰を引いた。だが谷垣は、いさい構わずに押し入ると、二本の指を交互に折り曲げ、狭い通路をこねくりまわした。指の腹が通路の奥と入口の上部を内側から圧迫する。
「ああっ……」
  由紀の美しいボディラインが、風船のように膨らんだ。
「感じるか?」
「…………」
「ええ気持か?」
「…………」
  返事のかわりに突き出した腹部がわなわなと波うった。
  谷垣はリズミカルに圧迫を続けた。その指の動きにあわせて、由紀の下腹部がせわしなくざわめき、肉路はたちまち蜜液で溢れ、二本の指を動かすと、グチュッグチュッという淫らな音をたてた。
  突然、谷垣は女体に侵入させていた二本の指を引きぬいた。指がピンク色の肉唇をこすりあげて離れる瞬間、由紀はせつない声を洩らし、今にも尻の方からくず折れんばかりに体を揺らした。
小説の朗読 声:翔田 千里

しょうだ ちさと

4月11日生まれ T163-B86-W63-H90
主な作品として『息子を拒みきれないパイパン教育ママ』『野外和服浣腸 牝犬悦楽』『翔誰にも言えない禁断のレズ恋愛 親友のママに愛されて…』『綺麗なお母さん ~息子に秘密を握られて』他多数。

翔田千里の公式ブログ
タグとは

この書籍に付けられたタグ

おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧