新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

離婚妻

本を購入

本価格:535(税込)

電子書籍価格:--円(税込)

  • 本販売日:
    1987/06/23
    ISBN:
    978-4-8296-0132-7
書籍紹介
結婚、性生活、あんなものじゃない……
ベッドで懊悩する裕美子に、
隣室から甘く切ない嗚咽が聞こえてくる。
したい、優しく男に抱かれたい……
指を股間に忍ばせながら、本当の、
愛あるセックスを求めて旅立つ24歳の身体!
登場人物:
ゆみこ(24歳)人妻、れいこ(-歳)その他
シチュエーション:
縄・緊縛 | 張型(バイブレーター) | 剃毛 | 自慰 | 写真
立ち読み
  夫が見ている……。その意識が、いろんな形で作用していることは、もはや隠しようのない事実であった。
  つつましやかだったクリトリスは、黒い茂みの中でしっかりと立ちあがり、指から受ける刺激で歓喜に震えだした。
「いい眺めだ」
  夫の声は重かったが、決して不快なものではなかったし、裕美子もまた、その声を聞くことによって、一段と刺激されたように思えた。
「見られて、恥ずかしいかい?」
「決まってるでしょ」
  裕美子の声は、以前よりうわずっていた。
「そういう考えは捨てなきゃ」
  裕美子は、自分の言っている嘘が夫に見破られているとしても、しばらくは嘘を言わずにはいられなかった。そうでなければ、自分があまりにも簡単に夫の意向や性的趣味に溶けこんでしまっているように思えて、いたたまれなかったのである。
「少しは気持よくなってるんだろう?」
  それには裕美子の返事はなかった。正三も、特にその返事を期待していたわけではない。いずれにしても、妻をやがて自分の望むような女に仕上げていく自信はある。
「かなり濡れてきたよ。感じている証拠だと思うがね」
「あなた……」
  裕美子の声は、いつのまにかうわずっていた。
「何?」
「見てるの?  ずっと」
「ああ、こんな素晴らしい光景から眼を離すなんて、馬鹿げているよ」
「ほんとにそう思う?」
「思うさ。今、君の指を伝わっているおツユが、ヘアを少しずつ濡らしている」
「ああ、そうなのね。あああ……」
  裕美子は自分自身の感極まった声を耳にすると、ますます身体が燃えあがった。そして、見られることに少しずつ歓びを感じはじめていた。
「もっと指を使うんだ」
「ええ、してるわ……ほら、見て」
小説の朗読 声:堀口 奈津美

ほりぐち なつみ

6月4日生まれ T171-B88-W58-H86主な作品として『熟女強姦三昧』『R30 Glamorous』『美熟女36人が見せる日常のエロス8時間』他多数。

ブログ・なっちゅっちゅ☆
タグとは

この書籍に付けられたタグ

電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧