新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

年下の義母

本を購入

本価格:535(税込)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:660円(税込)

獲得ポイント:6pt
書籍紹介
夫が眠るベッドの下で義理の息子との
性愛に溺れていく由貴子は27歳。
やめなくてはと思いつつも29歳の息子の
若く逞しい剛直を握りしめ頬擦りしてしまう。
雪白の肢体をのけぞらせ、抑えても……
濡れた朱唇を割って、本能の喘ぎが洩れる。
登場人物:
ゆきこ(27歳)義母
シチュエーション:
凌辱 | 浴室 | 肛姦 | 母子相姦 | 自慰
立ち読み
「ほら、見てごらん」
  突然、智史がのしかかるようにして、握りしめた陰茎を突きつけた。
「ママのジュースでこんなに濡れちゃった」
「ああ、やめてッ……」
  子供じみた智史の言動に羞恥心をあおられた由貴子は、そう言いながらも、嬉しさで弾んでしまう心と体をどうすることもできずにいた。自分の欲情のしるしを見せつけられた恥ずかしさと奇妙な嬉しさが、またしても由貴子を高揚させた。
「気持いいんだね、由貴さん」
「いいわッ!!  よくってよ……こんなにいい気持にされたのは初めて。ああッ、怖いみたい……」
「入れたらもっとよくなるよ」
「そうよッ!!  入れてッ!!  ねえ、入れてちょうだい!!  死んでもいいのッ。気持よくさせてッ!!」
  叫びながら由貴子は頭の片隅で、こんなに濡れてしまった自分の体に、智史が驚いているのではなかろうかと、ちょっぴり恥ずかしい気分も味わっていた。
「あッ……」
  今度は、敏感な愛の突起が集中的に攻めたてられた。少し頭を持ちあげて足もとのほうを見ると、智史が亀頭の先をグリグリと肉芽に押しつけている。尖った部分を、切れ口の中にでも押しこんでいるのだろうか。痛いような痒いような、なんともいえない感覚に包まれて、由貴子はうっとりと智史の行動を見つめていた。
「したかったんだね、ママ……」
「いやッ、そんな言い方はやめてッ」
「だってママじゃないか」
「そうよ。私はママ……あなたはいけない人よ。ママとこんなことをしてる……」
「じゃ、やめようか」
「いやッ!!  してッ、もっとしてッ!!」
  戯れの言葉を交わしながら、二人はさらに燃えあがった。由貴子は、自分の存在そのものがかき消されてしまいそうな鮮烈な性感のなかに浸りきっていた。
「さ、正直に言って……とてもしたかったって」
「ええ、そうよ。その通りよ。したくてしたくてたまらなかったの」
「自分でもやった?」
  由貴子は迷わずに叫んだ。
「やったわ。毎日のようにやったの……指がふやけそうになるまで。ああッ、ひどいことを言わせないで」
  そう言いながら、由貴子は襲いかかってくる小さなエクスタシーの波のなかに伸びやかな肢体を投げだしていった。
「お願い、いつまでも焦らせないで、私、狂ってしまいそう……ねえ、中にきてッ……お願いよ」
小説の朗読 声:薫 桜子

かおる さくらこ

12月12日生まれ T157-B101-W63-H89

主な作品としてVシネマ『くりぃむレモン夢のあとに』、映画『裸の三姉妹淫交』『メイド探偵』他多数。

タグとは

この書籍に付けられたタグ

電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧