新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

愛虐学園
汚れた教室

本を購入

本価格:535(税込)

電子書籍価格:--円(税込)

  • 本販売日:
    1988/08/23
    ISBN:
    978-4-8296-0206-5
書籍紹介
「先生、犯されるって興奮するだろう?」
凌辱に溶け崩れていく女教師の瑞々しい裸体。
だが、屈辱の課程はなおもつづく。
PTA役員、処女学生、ミス学園……
男たちの終わらない獣欲が、女たちを絶頂へと駆り立てる!
登場人物:
ようこ(24歳)女教師、しま(31歳)人妻、まりこ(-歳)女子大生、たかこ(-歳)姉、のりこ(-歳)女子高生
シチュエーション:
写真 | 処女 | 浣腸 | 凌辱 | 露出(下着・水着・裸)
立ち読み
「ペッティングだけで恐がっていたんじゃ、お医者さんごっこはできやしないぜ、先生……」
と、隆はチョコンと指先で頬を突いた。
「双六で負けたらお医者さんごっこをすると約束したからには、覚悟を決めてもらうぜ。さあ、ネガを返してもらいたかったら、こう言うんだ」
  隆が蓉子に何やら耳うちをすると、たちまち憤辱と困惑で眉根を寄せ、けわしい表情になった蓉子は、
「い、言えないわ、そんなこと……」
  と首を振る。
「言えっ、言わなきゃ先生の叔父さんまで校長を罷める羽目になるんだぜ」
  執拗に脅してくる隆に、憎悪と口惜しさを抱きつつも蓉子は、ぐっと羞恥に耐え、
「い、言います、言いますから叔父には迷惑をかけないで……」
「じゃ、早くしろっ」
「……ね、ねえ、蓉子の、体の……こ、構造を、くわしくご覧になって……」
  と、絞るように言うと、わっと泣いてすすり上げるのだった。
  五郎と博はニヤニヤと笑って聞いていたが、
「では、遠慮なく拝見させてもらうぜ」
  と、壁から太い青竹と麻縄を持ちだし、蓉子の後ろ手の縄を鎖から解いた。
  蓉子はベッドの上に後ろ手縛りのまま仰臥させられた。
  いや、いやっと駄々をこね身を揉む典雅な姿態を三人は押さえこみ、
「たったいま体の構造を見てくれといったばかりじゃねえか」
  といって、都会ではもう見ることのできなくなった青竹に、両下肢を開脚させて縛りつけようとするのだ。
  蓉子は上気した美貌をわななかせて暴れたが、男三人の力には適うべくもない。情感を滲ませた白い太腿が左右に割り裂かれていくと、
「ああ、や、やめてっ!」
  と、名状のできぬ恥ずかしさ、切なさに大きくのたうつのだった。
「へへ、ご開帳、ご開帳」
  
小説の朗読 声:辰巳 ゆい

たつみ ゆい

6月8日生まれ T168-B88-W60-H89

主な作品として『女教師凌辱教室』『悩殺ビキニでヒッチハイク』『七発二日の温泉旅行』他多数。

辰巳ゆい 公式サイト
タグとは

この書籍に付けられたタグ

電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧