新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

実母と義母

本を購入

本価格:486(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:600円(税抜)

獲得ポイント:6pt
書籍紹介
彼は義母と……でも僕は実の母。
いいや、そんなことは問題じゃない!……
実母と義母……存在は違おうとも、
若い息子たちは母を犯し、母の肉に溺れていく。
未来に待っているのが、
恐ろしい破局であることを忘れて……
登場人物:
ようこ(35歳)実母、のりこ(27歳)義母、きみこ(-歳)女子高生、ゆき(-歳)その他
シチュエーション:
母子相姦 | 張型(バイブレーター) | 覗き | 浴室 | 自慰
立ち読み
「ママ。重いからそこにつかまって」
  啓太は、母の体を浴槽の縁にもたれかけさせた。体から力が抜けているため、上半身が極端に前に折れ、今にも湯面に顔がくっつきそうである。
  啓太は万一のことを考えて、浴槽の一部に蓋をした。そして母の上体をそこに乗せた。
  真後ろに座りこむと、高々と突きだしたヒップの下から、割れ目のすべてが見える。
  すごく大きい!……
  それが啓太の第一印象である。
  確かに、女陰は前から見ると黒い茂みに巧みに隠されて、よくよく見ても亀裂の一部が垣間見える程度である。ところが、一転して裏返しにすると、前後の割れ目がすべて見えてしまうから、初めて見る者などはギョッとして目を剥く。啓太は、以前に父と母の肉交を盗み見ているから、そういう事実を知ってはいたものの、いつもかなり離れたところから見ていたので、実際にこう間近に見ると、やはりその巨大さに驚かされる。
  それにも増して、びっくりさせられるのは、なんとも説明しがたい形の卑猥さと、色合いである。
  啓太は雄犬が雌犬の尻の匂いを嗅ぐように、母の開かれた谷間に顔を近づけた。逆さに見る構図は、少年の目に毒々しく移った。それでいて、女陰からかもしだされる異様な雰囲気に酔い、そして、呑みこまれた。
  詳しく観察すると、大部分は別個に収縮したり細かく震えたりしている。それぞれが独立した性感帯であり、それらの集合体が、偉大な女陰を形成していた。
「啓ちゃん、何してるの」
  母の声はか細く聞きとりづらかったが、それだけ母が高揚していたということか。
  啓太はつきたての餅のように柔らかいヒップの双丘を、それぞれの手でしっかりと押さえつけると、割れ目を中心にして左右にひろげた。それまで重なり合っていた粘膜がパックリと割れ、複雑な形をした膣口の奥が、途中まではっきりと見えた。
  単純な穴ぼことはわけが違うんだ。だから指を入れるとざらつくのか……。
  啓太は、指の代わりに長々と舌を差しだして、秘唇の奥へ突きこんだ。途端に、谷間全体がぬめっと動き、舌がざらつく肉壁で締めあげられた。すぐ目の前の皺々の肉のすぼまりもキューッと縮まる。
  一本の指を、そっとあてがい、軽く押した。母がそこだけに気をとられないよう、膣口におさめた舌を、陰茎のように出し入れすることを忘れなかった。
  どちらの効果があったのかわからないが、母が呻き声をあげ、切なそうに腰を揺さぶった。啓太は指と舌の相乗作用で母が感じたものと判断し、両者を同時に動員して前と後ろのホールを刺激した。
小説の朗読 声:時任 歩

ときとう あゆむ

東京都出身 1976年10月2日生まれ 162-B87-W58-H88

映画・Vシネマ・テレビ・グラビア等で幅広く活躍中。主な作品として映画『I・K・U』『空の穴』『どチンピラ3』など。

時任 歩公式HP「STOIC」
タグとは

この書籍に付けられたタグ

おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧