新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

黒い下着の女教師

本を購入

本価格:535(税込)

電子書籍価格:--円(税込)

  • 本販売日:
    1989/12/23
    ISBN:
    978-4-8296-0287-4
書籍紹介
黒い下着に彩られた女教師、真亜子が、
赤いルージュの唇を開いて教え子に囁く。
「わたしを裸に剥いて……舐めまわして……」
真亜子の愉しみは少年とのセックス。
放課後は女教師の仮面を捨てて、
少年を隷従させ、淫れ、濡れるのだ。
登場人物:
まあこ(27歳)女教師、ゆきこ(35歳)年上女(熟)、まみ(-歳)女子高生
シチュエーション:
露出(下着・水着・裸) | 浴室 | 自慰 | 縄・緊縛 | 体育館・プール
立ち読み
  眼の前にすごい形相で、天空向かってペニスが揺れていた。たまらないほど強い、若いオスの匂いが発散されている。その怒り狂った怒張を少しでもやわらげようとするかのように、真亜子は優しく下から少年の一物に触れた。
  ビクンッと反応して、ペニスが身を躍らせた。優しく撫でられるとよけいに苦しくなる、と言わんばかりである。
  左手で睾丸をそっと包んでさすりあげ、右手でゆっくり肉茎をしごいていくと、トオルの口もとから淫らな嗚咽がもれはじめた。
  凛々しくて、美しい形状を持つ少年のペニスだ。カラフルなリボンをそこに結んでやりたくなるほど可愛らしく、綺麗だ……と真亜子は思った。
「あっ……だめだよ、先生。出ちゃうよ!」
  真亜子は一度、右手の動きを中断した。
「だったら、先生の口のなかに出してくれる?」
  少年の返事を待たずに、真亜子は眼の前のペニスを口に含んだ。
  いきなりはじまった絶妙な舌使いの前に、トオルは全面降伏し、いっさいの思考を停止した。真亜子の厚い唇に包まれて、トオルは暴発寸前まであっという間に追いこまれてしまった。
  ペニスの先端を咥えて、クチュクチュと真亜子の口が淫らな音をたてる。それだけではない。睾丸と肛門へは細い指が絡まってくる。そうなると、もういけなかった。トオルは全身の意識が突然切断されたのを知った。
  真亜子は口を離さなかった。断末魔のトオルが、がむしゃらに真亜子の頭を抱きしめた。
「ううっ……あ、出るゥ……先生、出る!!」
  真亜子の喉の奥深く、おびただしい量の精液が発射された。それを一滴もこぼすまいとするかのように、真亜子はますます口腔深くペニスを咥えこみ、舌と唇を使って亀頭を吸いたてていく。
  熱く灼けた熔岩のような少年の粘液は、真亜子の喉に直接、流れこんでいった。
  しばらくして真亜子がペニスを口から離した時、魂の抜けた人形のように、トオルはその場にへたりこんだ。
「ああ、おいしかったわ……」
  その言葉を聞いてトオルは恥ずかしいのか、頬を少し染めてうつ向いた。
「フフフ……そうしていると、トオルったら女の子みたいよ」
  トオルはますます落ちこんで、真亜子の胸に顔を埋めた。
小説の朗読 声:橘 エレナ

たちばな えれな

1月9日生まれ T153-B92-W65-H88

主な作品として映画『隣の人妻』『閉ざされた母子家庭』他多数。

タグとは

この書籍に付けられたタグ

おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧