新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

人妻奴隷社員

本を購入

本価格:535(税込)

電子書籍価格:--円(税込)

  • 本販売日:
    1990/08/23
    ISBN:
    978-4-8296-0328-4
書籍紹介
オフィスでは絶対に見られない、熟れた乳房、柔肌、下半身……
いつか性奴に調教してやろうと夢見ていた
人妻社員、由季子の美味しい裸身。
帰宅途中を暴漢に襲わせ、秘密室に連れこんだ
悪辣部長の姦計が、遂に成就しようとしていた!
登場人物:
ゆきこ(-歳)人妻、えいこ(-歳)人妻
シチュエーション:
浣腸 | 露出(下着・水着・裸) | 肛姦 | 痴漢 | 凌辱
立ち読み
「へへへ、部長さんよ、面白かったかい。あんたも一流会社の部長にしとくのはもったいないくらいのワルだぜ」
「フフフ、久しぶりに興奮させられたよ。浣腸がこれほど面白いとはね」
  鉄次は満足げに笑った。サブと銀三は、プロの女体調教師である。この二人をやとったことは正解だったと鉄次は思った。そのプロの二人が、
「奥さんの尻はまったくイカすよ。見てるだけで胴ぶるいがくる」
「まったくだ……こんないい尻をした女がいたとはねぇ。フフフ、これから先が楽しみだぜ」
  手ばなしで由季子をほめている。
「フフフ、そうだろう。私はいつも会社で由季子のお尻を見ていてね、仕事が手につかなかったくらいだからな。私の狙いに狂いはなかったよ」
  男たちは、由季子の双臀がよほど気に入った様子だった。それほど由季子の双臀はムッチリと悩ましかった。
「へへへ、こういう上品な人妻を飼い馴らすには、尻の穴をしこむに限るんだぜ。フフフ、亭主にさえ触らせたことのない処女地とくりゃ、そのききめはグンバツよ」
「それでなくても、奥さんのアヌスは、とびきり敏感ときてる。しこみがいがあるぜ」
「フフフ、それじゃ、さっそく……」
  男たちは互いに顔を見あわせてニヤッと笑った。そして、グッタリとしてすすり泣いている由季子に手を伸ばすと、再び後ろ手に縛りあげ、あお向けに横たえた。鉄次と銀三が左右から由季子の脚を持ちあげ、大きく割り裂いて肩にかつぐようにのせた。そうされても、由季子は悲しげにうめくだけで、もうなすがままにされていく。
  サブは、銀三と鉄次の間に身を乗りだすと、
「おいしいものをご馳走してやるぜ」
  アヌス棒を差しだし、浣腸でほぐれた由季子にゆっくりとねじ入れていった。
「あッ、ああ……もう許して、許して、お願い……」
  弱々しく首を振るだけで、ほとんど抵抗はない。
  サブは深々と埋めこむと、ゆっくりとアヌス棒を動かした。クルッ、クルッとまわしたと思うと、抉るように前後へ動かす。
「ああ……取って、取ってちょうだい……ああッ、動かさないでッ」
  由季子は持ちあげられた双肢をなよなよとくねらせて身悶える。
小説の朗読 声:乙音 奈々

おとね なな

5月24日生まれ T157-B83-W56-H83

主な作品として『強制絶頂アクメ奴隷』『素人公募中出し! 乙音奈々ちゃんに真正中出ししてみませんか』他多数。

乙音奈々ブログ
タグとは

この書籍に付けられたタグ

おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧