新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

女医姉妹

本を購入

本価格:535(税込)

電子書籍価格:--円(税込)

  • 本販売日:
    1991/02/23
    ISBN:
    978-4-8296-0356-7
書籍紹介
白い乳房がこわばり、朱い秘肉が濡れ疼く。
今夜も兄に抱かれる瞬間を夢想する絵梨子。
だけど近親相姦は許されない。十年前のように……
妻や恋人より魅かれ合う兄妹の想いが頂点に達した時、
美しき義姉妹をめぐる相関関係は悲劇へと……
登場人物:
えりこ(-歳)妹、まゆみ(-歳)女医
シチュエーション:
兄妹相姦 | 自慰 | 病院 | 凌辱
立ち読み
「兄ちゃん、ここで寝たら風邪を引くわ。いま布団を引くから……」
「あ、ああ……」
  眩しそうに目を開けた俊介は、絵梨子の顔をまじまじと見た。次の瞬間、俊介の腕が絵梨子の首に絡みついた。絵梨子は俊介のバスローブの胸に顔を埋めていた。
「兄ちゃん……だめ」
  しんしんと染みとおる北国の夜、髪に、頬に、乳房に、尻に、太腿に、股間の繁みに感じた俊介の手のぬくもりが、一瞬のうちに甦える。おずおずと俊介の手が、絵梨子の背中から尻へとおりていく。その一つひとつの肉の感触を確かめるように。
  俊介の手の動きに応えるように、絵梨子はバスローブの襟に顔を埋めた。襟がゆるんだのか、それとも絵梨子が顔で押しのけたのか、俊介の胸がじかに頬に触れる。俊介の肌の匂い、耳たぶを打つ熱い鼓動、髪をなぶる吐息のそよぎ、十年の間待ちつづけたものが、いま自分のものになろうとしていた。
  躯の花芯が甘く痺れ、とろりと熱い蜜のしたたりを吐きだし、股間の花唇がひっそりと濡れて花開く。俊介の手が絵梨子のガウンの襟をかきわけて、やわらかく乳房を包む。
  その温かみのなかにすべてを忘れてしまいそうになったとき、最後の余力を振り絞るように激しく雷鳴が轟いた。雷鳴はまるで神の怒りのように絵梨子の耳を打った。
「いけない……お兄ちゃん」
  甘美な香りに惹かれて足を踏み入れようとした魔の淵から、引き戻されたような気がした。そこに足を踏みこんだとき、底なし沼のように、もうあとには戻れなくなる。則之に抱いたおぞましさを、自分たち兄妹にも持たなくてはならない。待ちつづけたものが現実のものになりかけたとき、絵梨子はその恐ろしさにおののいた。
  心も躯もこれほど俊介を求めていながら、二度と求めてはいけないもの、求められないものだと思うと、はためいた雷鳴にも負けないくらいに、胸も張り裂けるほどの声をあげて叫びたかった。叫びは涙となってほとばしり、俊介の胸を濡らし、ローブの襟に染みこんだ。
小説の朗読 声:西野 翔

にしの しょう

6月29日生まれ T159-B81-W57-H83

主な作品として『あの人だけと誓ったのに…。』『息子の同級生のませガキどもに拘束されて犯されて』『夫は知らない~私の淫らな欲望と秘密~』『働く女の艶めかしい完全着衣ファック』他多数。

Nishino Show
タグとは

この書籍に付けられたタグ

電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧