新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

兄嫁は未亡人

本を購入

本価格:486(税抜)

電子書籍価格:--円(税抜)

  • 本販売日:
    1991/04/23
    ISBN:
    978-4-8296-0369-7
書籍紹介
剥かれた喪服からこぼれ出る白磁の如き乳房、柔肌。
悲嘆に暮れる兄嫁の躯は予想以上の素晴らしさだ。
「これからは俺が、霧子さんの男だ!」
太腿を割り、赤い牝芯を貫く熱化した怒張……
兄嫁と義弟の関係は通夜のレイプで始まった。
登場人物:
きりこ(32歳)兄嫁、ちえみ(24歳)OL
シチュエーション:
SM | 縄・緊縛 | 監禁 | 剃毛 | 肛姦
立ち読み
「あの日、兄貴に誓ったんだ。これから義姉さんの面倒は俺がみるって。化けて出ないところをみると納得してくれたんだ」
  なおも逃げようとする霧子を抱きあげ、あの日躯を重ねた寝室に運んだ。
「ここで毎日愛されていたんだな。兄貴はどんなふうに愛した。やさしくか、激しくか」
  広いベッドの隅で霧子は身をちぢめた。
「今夜は誰もいない。思いきりやれるぞ」
  獲物を見る目になった。
  か細い声で霧子は拒んだ。
  男を誘うような目をしている。哀しい顔であればあるほど力ずくで抱きたくなる。あの日もそうだった……。
「兄貴の初七日は俺達の本当の初夜だ。いいな」
  霧子は無言だった。これからの日々を霧子は自分に託したのだと、修次は勝手に解釈した。
「そこに立って自分で着物を脱ぐんだ」
  壁際をさした。
「明かりを……消してください……」
  押し倒し、着物を剥ぎ取ってしまいたくなる。すでにズボンの中の肉棒はいきりたっていた。
「さっさと脱げよ」
  身につけたものがひとつ落ちるたびに、霧子の動きが鈍くなった。
(見ないで……そんなふうに……)
  襦袢と湯文字だけになると、ついに霧子の動きはとまった。
「あとはあなたがなさって……お願い……」
  修次の脳裏に、かつて考えたこともない淫靡な行為が浮かんだ。これまで関わったどんな女にもノーマルに接してきたが、霧子を見ていると無性に虐げてみたくなる。
「脱がないんだな」
  これが返事だというように、霧子は背を向けた。そのまま動こうとしない。
「わかった。じゃあ、毛抜きがあったら貸してくれないか。指に棘が刺さってるんだ。放っておいたら今ごろになってひどく痛みだしたんだよ。ズキズキする。頼むよ、義姉さん」
  霧子がそっと首をまわした。
  修次は右の人さし指を差し出した。
  ドレッサーの引出しから毛抜きを出した霧子は、襦袢の胸元を押さえて差し出した。受け取った修次は、次の瞬間、霧子の手首をつかんだ。
「言うことを聞かなかった義姉さんに、これからお仕置きしてやる」
  思わせぶりな笑いを浮かべた。
  追いつめられた霧子の不安なまなざしが、ためらうことなく修次を淫猥な行為に駆り立てていく。
「義姉さんのかわいいヘアーを抜くんだ。剃ったんじゃ面白くない。すぐに終わってしまうだろう?  こいつで一本一本全部抜いてやる」
タグとは

この書籍に付けられたタグ

おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧