新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

女教師・魔淫の教壇

本を購入

本価格:535(税込)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:660円(税込)

獲得ポイント:6pt
書籍紹介
闇に映える白き美しき恵利子の裸身は、
成熟した女教師の色香に満ちみちている。
深夜、神聖な教壇に四つん這いとなり、男の眼前で、
まるで生徒を挑発するように尻肉を振る恵利子。
この淫らがましい女教師の本性を、
教え子に写真を撮られているとも知らずに……。
登場人物:
えりこ(25歳)女教師、さき(-歳)女子高生、りつこ(24歳)女教師、かおり(25歳)女教師
シチュエーション:
自慰 | 縄・緊縛 | 露出(下着・水着・裸) | 剃毛 | 肛姦
立ち読み
「まだ、ぼくに逆らう気ですか」
  天野は律子のアヌスにもう一本指を突き入れた。
「ううっ……」
  律子はうっすらと汗のにじんだ美貌をのけ反らせた。天野は律子の反応をうかがいながら、それぞれの穴に入れた指をねっとりと動かしていく。
「あ、ああっ……あっ……」
  薄い粘膜をへだてて指がこすれ合う。その宙に浮くような快美感に、律子はだんだんと我れを忘れはじめた。
「あ、あんっ……いいっ……律子……いい……」
  快感をはっきりと認める言葉がたてつづけに洩れでた。脂ののった双臀が、天野の指の動きに合わせて前後に妖しく揺れている。
「そんなに尻の穴がいいんですか、先生」
「ああっ……いいわ……律子、お尻好き……」
  腰がドロドロにとろけるような感覚に、律子はおもわず告白させられた。
「お尻が好き?  教師がそんないやらしいことを言っていいんですか?  娼婦の科白ですよ、それじゃあ」
「……いじめちゃいやっ……」
  律子は甘えるような声を出した。
  これが、あの上条先生の正体なのか……。
  授業のときの毅然とした上条律子の姿しか知らないだけに、肉悦によがり泣いている表情は、天野の欲情を一段と刺激した。
「あっ……ねえっ……天野君っ……律子、もう……」
  律子は欲情に濡れた瞳を天野に向けた。それは女教師としての律子ではなく、喜悦に身悶える一匹の牝の顔だった。
  女なんて裸にすればみんな同じだ、と思いながら、天野は指の動きを速めた。
「いいっ……」
  律子は裸身を突っぱらせた。
「イクッ……」
  短く叫ぶと、律子は双臀を痙攣させた。
「すごいぜ、先生。本当に尻の穴でイキやがった」
  律子は快楽の余韻に浸るように熱い息を吐き、乳房から下腹部にかけてを波のように喘がせている。
  天野は前後の穴から指を抜いた。蜜壷につかっていた指は、粘っこい痴汁にまみれ、ぐちょぐちょに濡れている。ペロリと舐めた。
「なかなかの美味ですね、先生のおツユは……フフフ。上条先生、生徒の指で気をやった気分はどうですか?」
  天野は立ちあがると、律子の耳もとに囁きかけた。
「ああ……言わないで……」
  律子は弱々しくかぶりを振った。
「さて、今度は先生がぼくを楽しませてくれる番ですよ」
小説の朗読 声:小森 未来

こもり みき

158-B90-W58-H86

新体操インターハイ優勝 主な作品として映画『TAKESHIS'』『恋の門』『コンクリート』、TV『志村けんのバカ殿様』、舞台『志村魂』他多数。

タグとは

この書籍に付けられたタグ

おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧