新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

若妻紀和子
哀姦地獄

本を購入

本価格:535(税込)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:660円(税込)

獲得ポイント:6pt
書籍紹介
愛する夫が不正融資事件を起こして失踪。
その行方を追う美貌の若妻・紀和子を狙って、
夫の部下が、恩人が、淫らな触手を伸ばす!
孤閨に耐えきれず、夜ごと疼く26歳の女体に、
理性が、貞淑が、夫との愛の誓いが蝕まれ、
紀和子は濡れそぼつ美肉を男に捧げた!
登場人物:
きわこ(26歳)人妻、きょうこ(-歳)その他
シチュエーション:
自慰 | 露出(下着・水着・裸) | 浴室
立ち読み
    君のこと、全部見ておきたい……。
  ふいに、あの夜呟いた雄介の言葉が蘇った。あれは紀和子に別れを告げる言葉だったのだ。
  今度こそ、ほんとうに最後なのよ。よーく見ておいて……。
  乳房を揉みあげ、胸から腹へ、そして背中まで撫でまわす雄介のざらついた手が、紀和子の肌に灼きつく。紀和子は雄介のデニムのシャツをズボンからたくしあげて、その下に手をすべらせる。あのころよりも引き締まった肌が、紀和子の手に熱かった。
  こらえていた激情が、獣のうなりのような声となって二人の喉からほとばしった。抱き合ったまま二人は掛け布団のかかった床の上に転がった。合わせた唇と絡ませた舌のあいだから、泣き声まじりの呻きをあげて、狂ったように二人は上になり、下になって転げまわった。
  紀和子の躯からワイシャツが脱げ、乳房がはずんだ。雄介がデニムのシャツをかなぐり捨てた。フックがはずれ、ファスナーのおろされたパンツのなかに入った雄介の手が、スキャンティの上から淫裂を探り当てる。スキャンティは紀和子にもはっきりわかるほど、あふれた蜜液を吸いこんでしっとりと湿っている。紀和子は雄介の躯の下で足をばたつかせ、窮屈なストレートのパンツを脱ぎ捨てた。
「脱いで……脱いで……」
  紀和子は雄介のズボンをただ夢中で腰から下に押しやりながら、うわずった声をあげた。雄介が体を起こし、ズボンごとパンツを脱ぎ捨てる。
  その間に、紀和子は掛け布団を押しのけてシーツの上に転がり、腰を浮かせ、尻をはずませて、湿って冷たく吸いついているスキャンティを、淫裂から引き剥がした。雄介がその上に倒れるように重なってくる。また唇を合わせるはずみにぶつかった歯が、音をたてた。
  互いの太腿のあいだに自分の太腿を食いこませ、全裸となった相手の躯をまさぐりながら、二人は転げまわった。雄介の太腿の背に紀和子の淫裂がぴったりと吸いつき、油を流したようななめらかさである。
  紀和子の太腿には、雄介の肉の棍棒が、燃えるように熱く脈打っていた。紀和子は魔法の杖でも見つけたように、その硬くそそり立った棍棒を手にした。
  同時に雄介が、紀和子の肉の裂け目に指を差し入れる。蜜液の沸き立ちあふれる淫裂は、悦んで雄介の指を迎え入れていた。
「あっ……ん」
  紀和子は、小さな叫び声をあげて腰を引きつらせた。二人の動きはそのときとまった。久しぶりに相手の躯を自分のものにした感動が、二人を動けなくしている。何もしなくても、紀和子の淫裂の襞肉が雄介の指先に吸いつき、貪欲に快楽を貪って蠢いている。その襞肉の粒を一つひとつ裏がえす酔うに、雄介の指先をこすった。
小説の朗読 声:里見 瑶子

さとみ ようこ

153-B83-W60-H85主な作品として「浅草キッドの『浅草キッド』」「若妻快楽レッスン 虜」「刑事まつり 第3弾」他多数。「PG」93号 里見瑶子特集

タグとは

この書籍に付けられたタグ

電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧