新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

義母と少年
愛獣生活

本を購入

本価格:486(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:600円(税抜)

獲得ポイント:6pt
書籍紹介
それは、まさに狂気の世界だった!
父の眼前で義母を犯す──
息子に悩ましい下着を剥ぎとられ、
羞恥で裸身をくねらせる義母。
なのに女体は燃え、濡れてしまう。
彼女は今、愛欲に生きる獣になっていた。
登場人物:
あずさ(-歳)義母
シチュエーション:
浴室 | 凌辱 | 母子相姦 | 覗き | トイレ
立ち読み
  あずさはまず、ベッドにうつ伏せにされ、スカートをめくられて、一気にパンティをおろされた。
  夫に裸の尻が見られたことが、あずさには何より恥ずかしかった。
  さらに光太はあお向けにして、脚を大きくひろげさせ、乱暴に女陰を撫でた。
  光太が体をあずけ、首筋から耳のあたりに唇を寄せてきた隙に、あずさは昭夫へ目をやった。しかし、昭夫の姿勢はさっき見たときと少しも変わっておらず、じっと二人の動きに見入っていた。
「あなた、見ちゃだめ!」
  まるで、言っている言葉が届いていないように、昭夫の反応はない。
「見ないで!  お願い」
  百メートルも離れたところにいる人に話しかけるように叫んでみたが、相変わらず昭夫は何も反応しない。
  その間にも光太は、ブラウスにとりつき、ボタンをはずしにかかった。
「いやっ!」
  業を煮やした光太は、平手をあずさの頬に一発をくらわせ、黙らせた。その後は一方的だった。ブラウスが剥ぎとられ、ブラジャーが脱がされ、スカートが毟りとられた。
  昭夫の見ている前で丸裸にされるのに、大して時間がかからなかった。
  光太はあずさを全裸にすると、すぐさまズボンをずりおろし、隆々と大きくなったペニスを引きだした。そして蒼ざめているあずさを横目に、片脚を抱えて高々と跳ねあげた。
  あずさの女陰がすっかり夫の目にさらされた。まるでストリッパーのように、お尻の穴さえ隠すことなく、股間のすべてを、夫と義理の息子に開陳していた。
  あずさの股間に割り入った光太が、そろそろと一物を近づけてきた。
「ああ……」
  光太の直立したペニスが割れ目に当てられた。
「いくぜ」
  光太が静かに言った。
「ちょっとォ……あああっ!」
  あずさは最後のためらいを示したが、無視された。
  光太の腰がグイッと振りこまれて、硬く張りつめた肉棒が一気に女陰を差し貫いた。
「……父さん、入ったぜ」
  光太が昭夫を振り向いた。
  昭夫が二人の結合しているのを目で確かめて、深くうなずいて見せた。
  光太が静かにグラインドを開始した。
「あああああ……」
  あずさは何もかも諦めて受け入れるよりほかなかった。重い敗北感のなかで、亢進してくる快感の狭間にいた。
  光太の腰が次第に激しいピストン運動に移っていく。それにつれ、あずさは自分が昭夫に見られていることを忘れていった。
小説の朗読 声:里見 瑶子

さとみ ようこ

153-B83-W60-H85主な作品として「浅草キッドの『浅草キッド』」「若妻快楽レッスン 虜」「刑事まつり 第3弾」他多数。「PG」93号 里見瑶子特集

タグとは

この書籍に付けられたタグ

電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧