新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

美母・誘惑授業

本を購入

本価格:535(税込)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:330円(税込)

獲得ポイント:3pt
書籍紹介
逞しくなった息子の体に聳える青い肉柱のため、
どれだけ美沙緒は懊悩したことか。
康彦の目が自分以外の女にも向くのを知った時、
激しい嫉妬と淫情が三十二歳の体内を走った。
康彦の女になろう。思いきり抱かれよう……。
決断した今、母は朱唇を愛息の一物に這わせ始めた。
登場人物:
みさお(32歳)実母、なつこ(24歳)人妻
シチュエーション:
母子相姦 | 強制舌戯(イラマチオ・クンニリングス) | 自慰 | 覗き | 映画・ビデオ
立ち読み
「ねえ、康彦……ママ、興奮してきちゃった。ママにも……お口でしてくれない?」
「も、もちろんだよ、ママ!  ぼくだって、ママのあそこが舐めたいんだ!」
「まあ、康彦ったら……」
  さらに顔面を紅潮させて、美沙緒は立ちあがった。おもむろにベッドにあがり、あお向けに横たわる。
「お願い、康彦。きて……」
  足もとに絡みついていたパジャマとブリーフを、もどかしげに取り払うと、康彦はベッドに突進した。シングルベッドだから、母のベッドのように広くはないが、体を丸めて、開かれた脚の間にうずくまる。
「康彦……ママのパンティ、もう濡れてる?」
  問いかけられて、康彦は股間に顔を近づけた。奈津子との付き合いで馴れているはずの行為だが、ベッドに肘をついて両手で太腿の裏側を支えると、体がブルブル震えてくるほど興奮した。
  弾力に満ちたすべすべの太腿を、両のてのひらでやんわりと撫でつけながら、康彦は目を閉じて、胸いっぱいに息を吸いこんだ。パンティははいていても、甘酸っぱいような、なんともいえない淫靡な香りが漂ってくる。
  ああ、ママの匂いだ!  パンティについていた、あの匂いだ……。
  康彦には、もちろん嗅いだ覚えのある匂いだった。洗濯機から毎晩のように持ちだしていたパンティの匂いは、もう鼻にしみついている。この匂いを嗅いだだけで、ペニスはいちだんと硬さを増してしまうのである。
「康彦……ねえ、どうなの?  ママのパンティ、濡れてるんでしょう」
  目を開けると、康彦のすぐ前に母の股間があった。着ているネグリジェと同系色の薄紫のパンティには、すでに大きな楕円形のしみができている。ただでさえ極薄の布切れが、濡れたためにいっそう透明度を増して、康彦には秘唇の形までが確認できた。
「濡れてるよ、ママ!  もうビチョビチョだ!」
「ああっ、康彦……」
  興奮した美沙緒が両手で康彦の頭を押さえた。
  その動作に合わせて、康彦は母の股間にむしゃぶりついた。舌を突きだし、薄布の上からペロペロと秘唇を愛撫する。そうしているうちにも、母のクレヴァスからはとめどなく淫水が湧きだして、さらにパンティをグショグショにしていく。
  甘い!  ママのおつゆは、まるで蜂蜜みたいだ……。
  無我夢中で舌を使いながら、康彦は本気でそう思った。
「康彦……ねえ、お願い……もうパンティを脱がせて……」
小説の朗読 声:映美

ヨンミ

163-B87-W58-H88

主な作品として1st写真集『HWAN SAENG(ファンセン)』、1stイメージDVD『映美 SEOUL SEXY』他多数。

ミューズコミュニケーションHP
タグとは

この書籍に付けられたタグ

電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧