新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

挑発!
母と叔母

本を購入

本価格:535(税込)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:660円(税込)

獲得ポイント:6pt
書籍紹介
「さあ、裸を見て……抱いてほしいのよ」
甘い挑発が真純の復讐だとも知らず、
美しい叔母の熟れた女体に溺れていく少年。
その忌まわしい肉交を知った朋子は、
我が子の性欲の生贄になることを決意する。
少年を虜にするのは実母か叔母か……相姦の肉闘!
登場人物:
ますみ(32歳)叔母・伯母、ともこ(37歳)実母、ゆり(-歳)女子高生
シチュエーション:
母子相姦 | 自慰 | 肛姦 | 凌辱 | 覗き
立ち読み
  真純は前に手をまわして、左手で袋を、右手で肉茎をそっと支え持った。
  電話中の亮太は、さすがに驚いたらしいが、叔母にすべてを委ねたままだった。真純の手のなかで、若いペニスはたちまち一本の硬くて長い帆柱となった。
「あっ」
  快感に耐えきれずに出した声が、電話機を通して朋子の耳に達した。
「何よ、変な声出して。亮ちゃん、ちゃんと私の言うこと聞いてるの!」
  今度は朋子のヒステリックな声が、はっきりと真純の鼓膜に響いた。
「聞いてるさ。でも、今夜のお母さん、しつこいんだもの」
  亮太の応え方も、ぎくしゃくしている。
  亮太を興奮させ、いたずらすることが真純には楽しくてならなかった。だから今度は、ペニスを擦ってみた。
「ああっ」
  自然と呻き声が出てしまうのだろう。亮太はあわてて送話口を手で押さえている。
  これ以上の悪戯をすると何もかもバレてしまいそうなので中止し、亮太から離れた。
「とにかく、できるだけ早く帰るからさ。それじゃね」
  快感が途中で途切れてしまった亮太は、素っ気なく受話器を置いた。そして真純に振り向いた。
  亮太の分身は見事に屹立し、すでに、先端の丸みを帯びた亀頭の一部は、滲みでた先走りのねばついた溶液で濡れていた。
「怒っていたんじゃないの?」
  ベッドに、まるで娼婦のように横たわった真純を見ると、亮太は長大なペニスを揺らしながら、ダイビングするように飛びのった。
「なんだか、急に大人びたみたいね、亮ちゃん。自分でも大きくなったと思わない?」
  抱きつかれ、すぐに真純は、握りしめた怒張の表皮を摩擦した。
「叔母さんが言うなら、本当にそうかもしれないな」
  一方の亮太は、乳房を指先でこねまわし、唇を這わせ、さらには膝頭の硬い部分で真純の肉の裂け目をぐりぐりと刺激してくる。
  二人の性器はすでに興奮しきっていた。
「亮ちゃんたら、どんどん女の扱いがうまくなってくるわね」
  二人の関係は、いつかは終わる。人生とはそういうものだと、真純は今までの経験から知っている。しかも二人は叔母と甥の間柄だ。別離はきっと、思った以上に早くやってくるに違いない。
小説の朗読 声:北川 絵美

きたがわ えみ

156-B86-W58-H84

主な作品としてDVD『Pretty Blue』、Vシネマ『牝牌 8』映画『OLKD』『修羅のみち・7、8 』『凶気の桜』、TV『特命係長 只野仁』など多数。

タグとは

この書籍に付けられたタグ

電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧