新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

凌辱秘書室

本を購入

本価格:486(税抜)

電子書籍価格:--円(税抜)

  • 本販売日:
    1993/08/23
    ISBN:
    978-4-8296-0509-7
書籍紹介
拘束、張型、菊座責め……
社長秘書・愛希子を倒錯した官能の世界へ
引きずりこむ、悪魔の如き凌辱!
辱しめられるほどに肉悦に溺れてしまう女体。
もう夫とでは充たされないと悟った時、
28歳の人妻は自ら肉奴隷秘書へと堕ちてゆく。
登場人物:
あきこ(28歳)秘書、いくこ(28歳)人妻
シチュエーション:
凌辱 | 張型(バイブレーター) | 肛姦 | オフィス | 痴漢
立ち読み
  愛希子は眉根を寄せ、唇を震わせた。
  鞭が腹を打った。ほんの真似ごとにすぎない一撃だったが、正面で鞭を振り下ろされたことで、愛希子はギャッと悲鳴をあげた。
「出せ。あと六つケツに入ってるぞ。どこを打たれたい?  乳房がふたつに太腿に、あとどこにする」
「許してください……打たないで」
「おまえは貞淑面を装った淫乱女だ。そうだな」
「は、はい……」
「社長秘書をしているより、オマ×コの方が好きな破廉恥女だ。そうなんだろう?」
「ああ……はい……」
  そうこたえるしかない。そうでなければ何をされるかわからない。
「自分でそう言ったらどうだ。言えるなら鞭はやめにしてもいいんだぞ。そのかわり、自分でケツのパールは出してもらうがな。さあ、どうする」
「もう打たないで……お願い……」
「オマ×コが好きな淫乱女ですと言え」
「そ、そんなこと……」
  鳥羽の鞭が右の太腿を打った。
「ヒッ!  う、打たないで。私は、私は……オ、オ……」
  恥ずかしい四文字など言えるはずがない。だが、ふたたび鞭が動こうとしたのを見てとった愛希子は、
「オマ×コの好きな淫乱女です。ああ……」
  ガクリと頭を下げた。
  フフッと鳥羽が笑った。
「おまえたち、もういい。下がっていろ」
  高井と涼子が出て行った。
  
小説の朗読 声:光月 夜也

こうづき やや

T164-B83-W56-H81

主な作品として『光月夜也としてみませんか? 』『寝取られ妻の性癖』他多数。

光月夜也オフィシャルブログ「夜の訪問者」
タグとは

この書籍に付けられたタグ

おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧