新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

姦虐姉妹
青獣の寝室

本を購入

本価格:535(税込)

電子書籍価格:--円(税込)

  • 本販売日:
    1993/10/23
    ISBN:
    978-4-8296-0516-5
書籍紹介
少年の肉体には青い獣が棲んでいる。
姉の悩ましいオナニーを覗き見ては雄叫び、
妹の水着姿に触発されては咆哮する。
その淫獣が解き放たれたとき、禁忌が破られ、
姉妹は女に…抉られるのを待つ牝になった。
白い肌が闇に艶めき悶える姦虐の部屋!
登場人物:
のりこ(23歳)姉、なみ(-歳)女子高生
シチュエーション:
姉弟相姦 | 浴室 | フェチ | 自慰 | 肛姦
立ち読み
「お姉さん……ぼくたち、とうとう……」
  雅彦の言葉はそこで途切れた。急速に押し上げてきた性感に耐えるのに必死だった。この歓びを少しでも長く味わいたかったが、少年にとって快感を堪えるのは至難の業であった。
「あうっ……あああ……」
  腰骨が軋み、肉棒が溶けてしまいそうだった。姉を抱く――夢でしかなかったことが現実になると、望んでいたにも関わらず、その歓びは呆気なく終わろうとしている。
  一方の紀子もまた、冷静ではいられなかった。
  膣のなかで暴れるペニスは、明らかに性感と呼ぶにふさわしい感覚を体の隅々まで送り込んだ。
  その歓びがさらに大きく膨らもうとしていた。その時、体内で暴れていたペニスが、ひときわ大きく脈打った。紀子はそれが何を意味するのか、よくわかっていた。
「お姉さん!」
  歓びの声を発して、おこりにかかったかのように体を震わせる弟を、紀子は力いっぱい抱きしめた。そして、そこで口をついて出た言葉は、
「まだだめ、……まだよ……」
  うわごとのような呟きだった。
  紀子が口走った直後に、激しく大きく痙攣した雅彦の若い肉棒が、一挙に熱い溶液をほとばしらせた。
「ああああっ!」
  悲鳴にも似た声をあげて、紀子は体内で繰り返す爆発をしっかり受けとめた。  
小説の朗読 声:範田 紗々

はんだ ささ

4月18日生まれ T158-B90-W59-H82

主な作品として『ホームジャック』『殺し屋・蘭 美しき処刑人』『過激派オペラ』『いびつ』『凶悪』『ぐちゃぐちゃ』『ホームジャック リバース』、写真集『紗々‐sasa‐』他多数。

範田紗々のジャイアントパンダ日記
タグとは

この書籍に付けられたタグ

電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧