新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

未亡人・凌辱せよ!

本を購入

本価格:535(税込)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:660円(税込)

獲得ポイント:6pt
書籍紹介
素っ裸で大の字に縛られた千里の身体から、
被虐の匂いがムンムン漂ってくる。
ねじりこんだ剛直に、濡れはじめた肉襞が
熱くねっとりと絡みついてきた。
愛する夫を亡くした心の傷も癒えぬ若き未亡人を
マゾ奴隷に突き堕とす、凌辱鬼たちの連続レイプ!
登場人物:
せんり(27歳)未亡人、なつみ(20歳)女子大生、りえ(-歳)女子高生
シチュエーション:
凌辱 | 露出(下着・水着・裸) | 縄・緊縛 | SM | 張型(バイブレーター)
立ち読み
  ゴールドバイブの先端がヴィーナスの恥丘に触れた。
「だめっ」
  淫らな振動が、からだの芯に響いた。ドロッと愛液があふれていく。
「お嬢さん。今から、このバイブレーターを義姉さんのおま×こに入れますよ。大きく目をあけて、はっきりと見届けるんですよ」
  バイブでひらいた花唇をなぞりつつ、大久保が言った。
  夏美はポニーテールの髪をつかまれ、無理やり正面を向かされる。
「ああ、おゆるしをっ」
  千里が悲痛な声をあげた。
  野太い先端が、柔肉にめりこんでいく。ぬめりを帯びたサーモンピンクの肉襞を巻きこむようにして、巨大な疑似ペニスが千里のなかに入っていく。
「義姉さん……う、うそでしょう……こんなこと、うそでしょう」
  夏美は我が目を疑った。あんなにグロテスクで大きなものが、義姉の割れ目のなかに難なく消えていくなんて……。
  はたちの女子大生には、あまりにも強烈な眺めであった。
「あっ……あ、あうっ……いやっ、とめてっ」
  ただれきった肉襞をえぐるように侵入したバイブの刺激に、千里は締まった腹部を収縮させ、熱い息を吐いた。
「見事な咥えっぷりでしょう、夏美ちゃん。この奥さんは、ちんぽの形をしたものなら、なんでも呑みこむ好<、>き<、>も<、>の<、>なんですよ」
  美貌の未亡人を言葉で嬲って、子宮近くまでえぐりあげた。
「あ、うっんっ……」
  十字架縛りの熟れた裸身が突っぱった。足の先まで反りあがる。乱れた髪が千里の美貌にべったりとはりついている。唇からもれる喘ぎで、髪の毛が揺れている。
「あっ、ああっ……だ、だめっ……強くしちゃ、だめっ……千里、狂ってしまいますっ」
  千里が首を振りたてて、舌足らずなよがり泣きを噴きあげた。ゴールドバイブを咥えこんだ下腹部が、淫らなうねりを見せている。
「い、いやっ」
  義姉のあさましい姿をもうこれ以上直視することは、夏美にはできなかった。
「目を閉じるんじゃないっ」
  高木が夏美の乳首をひねりあげた。ちぎれそうな激痛に、夏美は涙で霞んだ瞳をひらく。
  白い女体がうねっていた。全身、あぶらを塗ったようにヌラヌラとぬめ光り、バイブの振動に呼応するように、女の唇から艶めいたすすり泣きがもれた。
  この目の前の女が、あの上品で貞淑な千里義姉さんだとは、夏美は思いたくなかった。これは悪夢だと、自分自身に言い聞かせる。
「あっ……ね、ねえ……千里、もうだめっ、恥をかきますっ」
  エクスタシーの高波が千里に迫った。もう逃れることなどできない。アクメの予感に、千里は昂りきった泣き声を放った。
「お嬢さん、よく見てなさい。これが小谷千里の正体だ」
  大久保がバイブを使ってとどめを刺した。
  媚肉の奥の奥まで串刺しにする。
「ヒイーッ……い、いくっ……いくうっ」
  女獣に堕ちた声をあげ、千里は義妹の目の前でついに気をやった。汗でヌラヌラの裸身が、ガクガクッと痙攣する。
「……義姉さん……」
  夏美は呆然と見つめ、足もとをふらつかせた。息づかいが早くなっている。バイブレーターが抜き取られた。
「ああ……」
  ねっとりとした愛液が糸を引き、充血した粘膜がめくれあがる。
「いかがでしたか、お嬢さん」
  くなくなと鎌首を振りつづけるゴールドバイブを、大久保は夏美の鼻先に突きつける。
「いや……」
  濃厚な牝の匂いに夏美は思わず顔をそむけた。心臓がドキドキしている。からだの奥に熱がある。
「あなたの義姉さんは好きもののマゾなんですよ。これでわかったでしょう」
「……わ、わかりません……」
  声がふるえている。
「まあいいでしょう。義姉さんばかりに恥をかかせるのもつらいでしょう。次はお嬢さんの番です」
  大久保がそう言うと、すぐに佐々木が車に走りマットレスを持ってきた。十字架の前の地面に置く。豹が牙を剥いている悪趣味なデザインのマットレスだった。
「そこに横になってください」
  大久保が夏美にマットレスを指差した。
「ゆ、ゆるして……ください……」
  今度は自分の番だと知り、夏美の愛らしい顔から血の気が引いていく。
「旦那が優しくおっしゃってるんだ。素直に従いな、お嬢さん」
  高木が夏美のスレンダーな裸身を押しやった。夏美はふらふらとマットレスに膝をつき、両腕で豊かなバストを抱く。
  ジッパーのさがる音がした。ハッとして顔をあげると、見るも恐ろしいグロテスクなペニスが迫ってきた。
「いやっ」
  夏美は弾けるように腰をあげ、逃げようとした。
  高木が足を伸ばして夏美のふくらはぎを払い、マットレスに仰向けに押さえつけた。
「旦那がおま×こしてくださるっておっしゃってるんだ。ありがたく股をひらくんだよ、お嬢さん」
  弾むバストをニヤニヤと見おろし、高木がドスを利かせる。
「ああ……義姉さんっ」
  しなやかに伸びた両脚を割り裂かれ、夏美は千里に救いを求めた。
「夏美ちゃんっ……だめっ、千里に、千里に大久保さんのちんぽをくださいっ。おねがいですっ、千里をハメてっ」
  アクメの余韻から醒めた千里が、目をつりあげた。
  高木がバンザイの形に夏美の両腕を押さえつけ、怒張を剥きだしにした大久保が両脚の間に腰を落ち着けた。ふわあっとした漆黒の絹草を撫であげ、ぴっちりと閉じた秘裂に指を這わせる。
「あっ……ゆるして……」
  夏美の腰がぶるぶるっとふるえた。目の前が真っ暗になる。
  おんなの扉がひらかれた。大久保の息が新鮮な媚肉に吹きかかり、夏美はヒイッと息を呑む。
「やめてっ」
  悲痛な千里の叫びが、むなしく青空に消えていく。
「綺麗なピンクのおま×こですね」
「いやっ、夏美のそんなとこ、見ないでくださいっ」
  男の好色な視線が、夏美の鮮やかなサーモンピンクを灼く。
  恥ずかしさとショックで、からだがカァッと燃える。
  大久保は指でひろげたまま、怒りきったペニスの先端を、可憐な匂いのするはたちの花びらに寄せていく。
「ああ……夏美ちゃん……」
  大久保が夏美にのしかかるのを見て、千里はたまらず美貌をそむけた。
「あうっ……」
  亀頭がめりこみ、夏美は固くてのひらを握りしめた。
「さすがお嬢さん、なかなかきついおま×こだ」
  処女を破るのと同じような感触に、大久保は興奮した。ぴっちりとした媚肉のなかで、勃起の角度があがる。
  小谷千里の爛熟の花園もいいが、清楚な果実もたまらない。
  大久保は深々と串刺しにすると、そむけた夏美のあごをつまみ、ピンクの唇を奪った。
「うぐぐっ……うんっ……」
  おぞましさしか感じない男に唇を吸われ、夏美は顔を歪めた。このまま死んでしまったほうがいいとさえ思った。股間に楔を打ちこまれたように、身動きできない。
  夏美、汚されてしまった……。
  ドス黒い絶望のなか、熱い疼きをからだの芯に感じた。
小説の朗読 声:中村 鷹香

なかむら たか

166-B83-W59-H85

主な作品としてVシネマ『続・広島やくざ戦争』『首領の女2』、映画『シュガースウィート』『荒ぶる魂たち』他多数。

タグとは

この書籍に付けられたタグ

電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧