新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

熟母ダブル相姦

本を購入

本価格:535(税込)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:660円(税込)

獲得ポイント:6pt
書籍紹介
可奈子のパンティの濡れ染みは、雅夫の青い欲望が、
母の熟れきった女体に向けられている証だった。
樹液の強烈な牡臭が可奈子の理性を狂わせる。
あの子に抱かれたい、あの子の童貞を奪いたい……。
可奈子からの悩みの相談を受けた親友の真紀は、
息子の隆之とともにダブル母子相姦の計画を練った!
登場人物:
かなこ(34歳)実母、まき(34歳)人妻
シチュエーション:
母子相姦 | フェチ | 痴漢 | 自慰
立ち読み
「駄目だわ、もう我慢できない!」
  すっくと立ちあがった可奈子は、呆気にとられている幹夫にはかまわず、彼の腰のあたりに体を移動させた。完璧に硬直して下腹部にはりついているペニスに向かって、ゆっくりと腰を落としはじめる。
「さあ、幹夫、もうすぐよ。もうすぐ、あなたの硬いオチン×ンを、ママのなかに入れてあげるわ」
「ああ、ママ、ほんとなんだね!?  ほんとにぼくとオマ×コを……」
「そうよ。ママはあなたが好き。あなたがいちばん好きなんですもの」
「ああっ、ママ……」
  幹夫が両手をのばしてスリップごと可奈子の乳房をつかむのと、可奈子の手が幹夫のペニスを握るのが、ほぼ同時だった。硬直をやんわりと握った可奈子は、先端を上に向け、亀裂の開口部に向けて慎重にあてがっていく。
「あっ、ママ!  ぼく、もう、で、出ちゃいそうだ……」
  亀頭がヘアにくすぐられただけで、早くも幹夫は射精感の到来を訴えた。それにかすかな秘肉のぬめりが加わって、もうほとんど抑制がきかなくなっている。
「我慢して!  ねっ、幹夫、お願いだから、もうちょっとだけ我慢して」
  必死で幹夫をなだめながら、とうとう可奈子の手がとまった。先端がぴたりと肉路の入口に来たのだ。和式の便器にしゃがんだような頼りない体勢だが、ペニスの硬さを確かめるように、可奈子はじりじりとお尻の位置をさげていく。
  そして、亀頭の先端がクレバスをくぐったのを確認すると、あとは一気に腰を落とした。熱化した肉茎が、下からズブズブッと可奈子の肉路に押し入ってくる。
「うわッ、ああっ、ママ!」
「ううっ、ああ、素敵よ、幹夫!  ああっ、入ったのよ、幹夫。あなたのオチン×ン、ママのオマ×コに入ったのよ」
「気持ちいいよ、ママ!  ぼく、ずっとしてみたかったんだ。こうやって……ああ、こうやってママとオマ×コしたいって、ずっと思ってたんだ」
「ママもよ!  ママだって、いつもあなたのことばっかり考えてたわ」
  雅夫の顔を想像しながら、可奈子は幹夫の熱い言葉に応えた。おそらくは幹夫も、完全に自分の母親と体をつなげた気分になっているに違いない。それぞれが相手を別の人間に見立て、プレイにのめりこんでいるのである。
  ベッドに両膝をつき、可奈子はゆっくりと腰を上下に振りはじめた。幹夫の手は相変わらず乳房に置かれ、指が食いこむほど強く、ふくらみを揉みしだいている。
「ああっ、だ、駄目だよ、ママ!  ぼく、気持ちよすぎて、もう……」
「いいのよ、幹夫!  もっと……ううっ、もっと気持ちよくなってちょうだい。ママのなかに、あなたの白いジュース、いっぱい出して!」
  上体を大きくのけぞらせ、可奈子は腰の動きにスピードを加えた。肉襞にこすられたペニスが、ひくひくと痙攣しはじめる。
「ママ!  ぼく、ほんとにもう……ああっ、出ちゃう!  ああっ、ママ!」
「ああ、イクのね。あなた、ママのなかで、イクのね……」
  幹夫の体がビクン、ビクンと震え、ペニスが射精の脈動を開始したとき、可奈子はふたたび雅夫の顔を思い描いていた。眉間に皺を寄せ、快楽を露わにする息子の顔を……。
  そして、熱い欲望のエキスが噴出したのを感じると、可奈子は子宮の奥に、これまでに味わったことのない、強烈な快感を覚えた。決してオーガズムに達したわけではない。おそらく、精神的な満足がもたらした快感なのだろう。
「……ママ、すごくよかったよ。ぼく、とうとうママとオマ×コしたんだね」
  まだプレイにひたりきったままの幹夫が、下から嬉々とした声で言った。
  ハッとなって見おろした可奈子は、そこにまた雅夫の幻想を見た。うれしそうに笑う幹夫の顔に、どうしても雅夫のイメージが重なってしまう。
「そうよ。あなたはママとオマ×コしたの。もうママのパンティを持ちだして、オナニーなんかすることないのよ。あなたがしたくなったら、いつでもママがしてあげるわ」
「ああ、ママ!  好きだよ、ママ……」
「ママもよ。ママもあなたがいちばん好き!  ああ……」
  つい「雅夫!」と呼びたくなるのを、最後の理性でやっとこらえながら、可奈子は幹夫に唇を重ね、激しく舌をからめていくのだった。
小説の朗読 声:中村 鷹香

なかむら たか

166-B83-W59-H85

主な作品としてVシネマ『続・広島やくざ戦争』『首領の女2』、映画『シュガースウィート』『荒ぶる魂たち』他多数。

タグとは

この書籍に付けられたタグ

電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧