新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

生贄美少女・恥悦教育

本を購入

本価格:535(税込)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:660円(税込)

獲得ポイント:6pt
書籍紹介

ママのセックスを覗きながらオナニーする。
17歳の美少女あかねの恥ずかしい秘密が、
早熟な妹・美久に知られた時、
めくるめく相姦の連鎖反応がはじまった。
姉と妹、叔母と甥と姪、兄と妹、父と娘……。
あかねの処女を奪い、調教するには誰?

登場人物:
あかね(-歳)女子高生、みく(-歳)妹、みちこ(38歳)実母、ようこ(35歳)叔母・伯母
シチュエーション:
処女 | 兄妹相姦 | 制服
立ち読み

「手をどけてごらん。おじさんに見せてほしいな、きみの身体を」
  両手首をつかまれ、胸を開かされた。
「いや、恥ずかしい……」
「いいんだよ。力を抜いて。あああ、素敵なおっぱいだ。想像していたよりずっと大きいね」
  黒原のサラッとした感触の指が、乳房の裾野のほうに触れてきた。
  あかねは身体がピクッとなった。
「敏感だね。こんなに大きくなったの、いつからなの?」
「中学三年ぐらいから……それまでは全然なくて、ないのが恥ずかしいくらいだったのに……急に大きくなりはじめて……」
「いまは大きいのが逆に恥ずかしいってんだろう?」
「はい」
「贅沢な悩みだよ。世の中には、ないのを悩んでいる女性のほうがずっと多いというのに。キスしていいかい?」
  あかねの返事を待たずに、黒原が乳房にキスをしてきた。
  胸のふくらみの裾野のほう……腋に近いあたりに、そっと舌をはわせてくる。
「あん……」
  あかねは黒原の腕をつかんで、ギュッと力をこめた。
「感じるのかい?」
「わかんない……」
  黒原の舌がチロチロと動いている。ヘビの舌みたいだと、あかねは思った。
  チロチロの後、今度は乳首の回りを円を描くように動きはじめた。
「あん、いや……ん」
  あかねは自分でも抑えようもなく、身体が勝手にピクピクと動いてしまった。まるで黒原の舌の先から電気が流れて、それが自分の筋肉を勝手に動かしているみたいだった。中学の時の理科の実験にあった。カエルの足に電流を通すと、ピクピク動くというあれだ。あかねは自分が実験のカエルになってしまったような気がした。
「感じてるんだね。敏感な子だ。ますます気に入ったよ。こっちのほうはどうかな?」
  黒原の手が下半身に伸びてきた。

小説の朗読 声:北川 絵美

きたがわ えみ

156-B86-W58-H84

主な作品としてDVD『Pretty Blue』、Vシネマ『牝牌 8』映画『OLKD』『修羅のみち・7、8 』『凶気の桜』、TV『特命係長 只野仁』など多数。

タグとは

この書籍に付けられたタグ

おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧