新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

禁姦!
人妻真理子・蜜猟記

本を購入

本価格:535(税込)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:660円(税込)

獲得ポイント:6pt
書籍紹介
繊毛が透けた黒い下着の中で陰花が蠢く。
細い指が羞じらいつつ肉塊をなぞっていく。
美貌が近づき、朱唇が一物を咥えてしごく。
真理子は昂っていた。秘肉がねっとり濡れていた。
私は人妻。相手は若い男。、なのに、なのに……
熟れた躯は初めての禁姦を求めて疼き狂いだす。
登場人物:
まりこ(32歳)人妻、なみこ(27歳)年上女(若)、せいこ(22歳)OL、えいこ(24歳)人妻、りんだ(24歳)OL
シチュエーション:
痴漢 | 覗き
立ち読み
「本木君、女性のアソコ、見たことある?」
  真理子は明らかに興奮した、かすれた声で言った。
  亮介がこうしていると、たいていの人妻は真理子と同じことを言う。それでわかったのは、女には露出的なところがあり、とくに相手が童貞の場合、自分から見せて教えるというシュチュエーションが大好きで、女自身も異常に興奮するということだ。
「写真とかビデオでは見たことがあるけど、本物はまだ……」
「見たい?」
  亮介が神妙な顔つきでうなづく。
「じゃあ、脱がせて」
  真理子も腰を浮かした。そのときチラッと彼女の顔を見ると、いままでの人妻同様、顔つきも興奮しきっている。
  亮介は両サイドの紐に指をかけ、ゆっくりとビキニショーツをさげて抜き取った。
「恥ずかしいわ。こんなこと、初めてよ」
真理子の声は言葉とは裏腹にときめいている。
  彼女の足もとに陣取った亮介が、亀のように首を伸ばして覗き込んでいると、膝を立てた両脚が、小刻みにふるえながら徐々に開いていく。
  眼の前には、真理子の秘密の部分があからさまになった。
  繁みはかなり濃い。けれども、むさ苦しいという感じではなく、▽状の艶艶しいヘアが密生して、秘唇のまわりをまばらに口髭のように縁取っている眺めが、ひどく煽情的だ。  しかも、食い入るように覗き込んでいる亮介の視線を感じてだろう。小さな唇と膣口の赤貝に似た部分が、ピクッピクッと生々しくふるえ、そのたびにジュクジュクと、透明な蜜を湧きださせている。
  さっきから真理子は大きく息を弾ませていた。
「すごい!  オシッコ洩らしたみたいに濡れて、まだあふれてきてるよ」
「ああッ、本木君がずっと見るからよォ。ね、クリトリスって、どこかわかる?」
「……ここでしょ?」
  いかにもおそるおそるという手つきで秘唇の上端をめくり、すでに真珠のようにふくれあがった肉球に指先を触れると、ピクンと腰が跳ねた。
「あんッ……そう、そこ」
  真理子がうわずった声でいう。
「ね、クンニって知ってる?」
「ここを舐めるんでしょ?」
「そう……して」
  いわれるまま、亮介は真理子の股間に顔を埋めていった。そろりと舌先で肉球をすくいあげた。
「あッ!」
  ふるえ声といっしょに腰がうねった。
  亮介はクリトリスを丸く舐めまわしながら、ときおり秘唇をなぞったり膣口をこねたりして焦らしを入れた。
小説の朗読 声:北川 絵美

きたがわ えみ

156-B86-W58-H84

主な作品としてDVD『Pretty Blue』、Vシネマ『牝牌 8』映画『OLKD』『修羅のみち・7、8 』『凶気の桜』、TV『特命係長 只野仁』など多数。

タグとは

この書籍に付けられたタグ

電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧