新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

悪魔の凌姦

本を購入

本価格:486(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:600円(税抜)

獲得ポイント:6pt
書籍紹介
「ほれ、こいつがお前の処女マンに入るんだぜ」
志織の目の前に突きつけられたのは、
なんとも醜悪で猛々しく勃起した肉の凶器だった。
全裸に剥かれた美少女は、恐怖に乳房を弾ませ、
屈辱に恥毛を震わせて哀しく身悶えるしかない……。
17歳の女子高生を肉奴隷に堕とす°悪魔の凌姦″
登場人物:
れいな(-歳)女子高生、しおり(-歳)女子高生、まり(25歳)その他、ゆくよ(35歳)実母
シチュエーション:
制服 | キャンパス・学園・大学 | 凌辱 | 処女 | 張型(バイブレーター)
立ち読み
「ふっ、よく言うよ。このチンポはな、おまえのママがおいしいおいしいとしゃぶったチンポなんだぞ」
  大友は卑猥な笑みを浮かべた。
「ママが!?……」
  志織はひきつった声をあげた。ほんとにそんなことがあったのだろうか……。
「おまえを退学させたくない一心で、ママはこのチンポをフェラチオしたんだよ。その親心を無視するのか、おまえは」
「ああ、でもォ……」
「いま、おまえがフェラチオしないと、ママのおれに対する奉仕はむだになってしまうんだぞ。それでもいいのか、この親不幸者が!」
  大友が凄まじい罵声を浴びせると、
「あっ……」
  ピクッと体を丸めながら、志織は視線をあわせまいとするように顔を伏せた。
  ママがそこまでわたしのことを考えて、自分の体を犠牲にしたのなら、わたしもそれなりに応えないと……。
「あ、はい。すみません……わたしもしますから」
  泣くなく志織は口にしていた。
「するって、何をするんだ、西崎」
「ですから、あのォ……フェラチオを……」
  言いたくもないし、心にもない台詞を口にして、志織は恥ずかしさに白い肌を朱に染めた。
「そんな短い台詞じゃ何もわからないだろうが。はっきりと言わんかい!」
  また怒声を浴びせられて、
「あ、はい。言いますからァ」
  志織は声を張りあげた。
「あのォ、あの……先生の、あのォ……」
  しかし、いざ決心はしたものの、どうしても恥ずかしくて言葉が出てこない。
「先生のチンポをだろ」
「はい……先生のチンポをフェラチオさせてください。わたし、愛する先生のチンポをしゃぶりたいんですゥ」
  百パーセントと言いきっていいほどに思ってもいないのに、志織は汚辱にまみれた言葉を口にしていた。自分のことを考えて我が身を犠牲にした母親に少しでも報いたいと思ったのである。
「ふーん、そうか。おれはそんなにも西崎に慕われ、愛されてたのか」
  にやっと大友は口もとをゆるめた。
「その愛には応えなきゃいかんだろな、やっぱ教師としては」
「いやァ!」
小説の朗読 声:北川 絵美

きたがわ えみ

156-B86-W58-H84

主な作品としてDVD『Pretty Blue』、Vシネマ『牝牌 8』映画『OLKD』『修羅のみち・7、8 』『凶気の桜』、TV『特命係長 只野仁』など多数。

タグとは

この書籍に付けられたタグ

電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧