新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

美人秘書・絵梨子と少年

本を購入

本価格:486(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:600円(税抜)

獲得ポイント:6pt
書籍紹介
育ちの良さを物語る上品な冴えた美貌、
瑪瑙のような肌、しなやかな長い脚、甘ったるい匂い。
どこをとっても極上の女、最高の美人秘書が、
少年と出会って以来、知と美の人生は一変した!
羨望と欲望に満ちた眼差しが絵里子の豊麗な肢体に
倒錯と魔性の快楽を覚えさせ、性秘書へ変わる夜……
登場人物:
えりこ(24歳)秘書
シチュエーション:
更衣室 | 剃毛 | 覗き | 露出(下着・水着・裸) | オフィス
立ち読み
専務室というプレートの掛かった部屋のドアを開ける。そして、内から施錠した。
「あと三十分はここにいられるわ」
「そんなこと、わかるものか」
「あたしは専務の秘書よ。スケジュールは全部知ってるの」
  そう言うなり、絵梨子は自分の手で黒いワンピースの裾をめくると、剃毛された淫部を礼治に見せつけた。
「見て。欲しがってるの」
  あまつさえ、自分の指でぷっくりとした女の溝を拡げた。溜まっていた淫液がツーッと内腿に一条流れていく。
  礼治は絵梨子の腿にしがみつき、流れてきた淫液を舌でぬぐっていった。そして淫裂にたどりつくと、腿をさらに押し開き、淫液浸けの粘膜をしゃぶり上げた。
「……あん、それぇ。あぁ、欲しかったのぉ」
  礼治に股ぐらを舐められて、絵梨子は声を上げた。彼女はドアに背をもたせかけたものの、腰から力が抜け、ずり落ちそうになっている。
  まるで少しずつ小水を洩らすように、淫液がとめどもなく溢れてくる。呑んでも呑んでも、礼治の顎にまで垂れてくる。
  礼治は絵梨子の股間をしゃぶりながら、ジーンズを足から抜いた。そして、立ち上がると、絵梨子の割れ目にあてがった。ただその行為を待っていたように、彼女は左脚を上げて挿入されやすい姿勢を取った。
  礼治は腰を絵梨子の腿の間に入れるようにして、ぬめっている淫穴へと男茎をくぐらせて突き上げた。深く入った。女の沼を深く拡げてきた男茎を、じらされてばかりいた粘膜が力強く抱きしめにきた。
「あーっん!」
  喉を反らせて立てた絵梨子の艶声が、専務室いっぱいに響いた。
「やって。犯して。ずこずこやって!」
  命じられるまでもなく、礼治は立ったまま絵梨子を突き上げた。絵梨子の頭と背中がドアにごつごつとあたった。
小説の朗読 声:松井 早生

まつい さき

1月12日生まれ 161-B83-W57-H84

主な作品として『新任バスガイド 催淫レイプの宴』『北の狼』『愛染恭子の痴漢病棟』他多数。

タグとは

この書籍に付けられたタグ

電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧