新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

奴隷未亡人
すすり泣く牝獣

本を購入

本価格:535(税込)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:660円(税込)

獲得ポイント:6pt
書籍紹介
麻美は四つん這いのままステージへ引きずりだされた。
白くむっちりとした肉体に黒い網タイツが悩ましい。
「どうか、麻美のヘアを剃ってください……」
牝奴隷に堕ちた未亡人が強制される屈辱の剃毛ショー。
露出の疼きに濡れた恥毛を客たちに剃られる生き恥が、
麻美をさらなる露出マゾへと追いこんでいく!
登場人物:
あさみ(30歳)未亡人、りさ(-歳)その他
シチュエーション:
剃毛 | 張型(バイブレーター) | 露出(下着・水着・裸) | 縄・緊縛 | 監禁
立ち読み
  麻美は言われるまま、梶谷に華奢な背中を向けた。
  正面の壁はすべて鏡貼りだった。うつろな瞳で、麻美は後ろ手縛りの自分の裸身を見つめた。
  どす黒い縄が食い入る乳房、くっきりとした割れ目が卑猥な丸刈りの下腹--。
  ああ……達彦さん……麻美、とうとう、下の毛まで、剃られてしまいました……ああ、もう、あなたに、麻美の裸を見せることはできないわ……。
  大きな瞳から、ひと筋、涙が流れていく。
  麻美は鏡を見つめたまま、すんなりと伸びた両脚を開いていった。
  肉の合わせ目がひろがり、バイブで荒らされ充血しきった花園が、剥きだしになる。
  麻美はゆっくりと腰を落としていく。
  野太い先端が、開いた割れ目に触れた。
「あんっ……ご主人さま……」
  あふれたラヴジュースでヌルッと滑り、なかなか梶谷の怒張をくわえこむことができない。
「何してるっ、早くまたがってこないか、麻美」
  むちっと突きだされた双臀を、梶谷がピタピタと張る。
「ああ……すみません……すぐに……あんっ、じれったいっ……」
  梶谷がわざと矛先をずらし、麻美はなかなか結合できない。大きく両脚をひろげたまま、尻振りダンスを踊ってしまう。
  露呈したままの媚肉から、とめどなく愛液があふれだし、ヴィーナスの恥丘は淫らに光っている。
「ああ……ご主人さま……麻美のおま×こ、早く欲しいの……じらさないでください」
  両手を使えないもどかしさに、麻美はくなくなと裸身をうねらせる。
「ケツを振って、おま×このおねだりか。死んだ真野が今のおまえを見たら、卒倒するだろうなあ、麻美」
  怒張の先端でぱっくり開いた割れ目を突き、梶谷が言った。
「ああ……お願いですから……亡くなった夫のことは……口になさらないでください」
  麻美はポロポロ涙を流しながら、梶谷の肉柱とつながった。
「あうっ……ううっ……」
  爛れた肉襞がえぐられ、気が遠くなるような歓喜に、麻美は軽い眩暈を覚えた。このままマゾの肉悦に狂って、何もかも忘れてしまいたい。
  麻美は怒張に突きあげられるまま、脂ののった双臀を落とし、ぴっちりと呑みこんだ。
  まさに串刺し状態である。
「あ、ああ……ご主人さまっ……麻美はご主人さまの奴隷ですっ……死ぬまで、お仕えいたしますっ」
  鏡に映った梶谷に向かって、麻美は誓いの言葉を叫ぶ。
  淫らに花唇をひろげた媚肉に、たくましい怒張が出入りするのがはっきりわかった。
小説の朗読 声:中原 翔子

なかはら しょうこ

7月9日生まれ T166-B83-W60-H85

女優業の傍ら、早川ナオミ名義にてAV界の巨匠・代々木忠監督の著書を原作とした3話オムニバス映画をプロデュース。主な出演作として『旧支配者のキャロル』他多数。

中原翔子 公式サイト
タグとは

この書籍に付けられたタグ

おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧