新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

二人の美妹
奈津子と亜希

本を購入

本価格:486(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:600円(税抜)

獲得ポイント:6pt
書籍紹介
長大な兄の××が17歳の胎内に侵入してくる!
痛みと愉悦のなか、亜希は大人の歓喜に震えた。
妹と兄に罪悪感はなかった。理性を捨てていた。
亜希にとって兄は憧れ以上の男になっていた。
しかし信吾にはもう一人、欲望を抱く女がいた。
奈津子、19歳の妹だ。そこに悲劇が生まれた!……
登場人物:
なつこ(19歳)看護婦、あき(-歳)女子高生、まりあ(18歳)女子高生、さとみ(35歳)人妻
シチュエーション:
兄妹相姦 | 自慰 | 処女 | 剃毛 | 覗き
立ち読み
  起きたってかまわないという気持ちがあったので、亜希の両脚をかかえて自分の太腿の上にのせた。
  開脚状態になり、亜希の性器がよく見えただけでなく、陰茎もスレスレのところで対面していた。
  信吾は目頭が熱くなるのを覚えた。悲しいとかうれしいとかという感覚ではなく、興奮が目に涙をもたらしたようだ。
  すでにペニスからはトロリとした透明の露が溢れて、シーツに長い糸を引いていた。
  亀頭を花弁状の口に押し当てると、接触しただけでジンジンと熱さと痺れが伝わった。吐射しそうになり、思いきって腰を進めた。
  亀頭の一部がめりこんだものの、すぐに強い抵抗感に出あった。
  と同時に、表情を歪めた亜希がぼんやりと目を開けた。しかし、しばらくは自分の置かれた状況を把握できないのか、不思議そうに信吾を見あげている。
「亜希……」
  低く呻きながら信吾はまた押した。
「あうっ……」
  眉根に皺を刻み、亜希の表情が一変した。
「許してくれ」
  ベッドにいる麻理矢を気遣って、信吾の声も低く小さかった。
「いや……」
  亜希は下から両手を突きあげるようにして信吾の胸を押した。しかし、やはりベッドの上が気になるのか、大声は出さなかった。
  信吾は強引だった。ここまできて引けば、かえって二人の間に深い傷が残ると思った。
  ズルリという感触が肉棒に伝わった瞬間、こみあげるものがあった。
  亜希は苦痛にのた打つように腰を振った。これがかえっていけなかった。
  信吾は見た。肉棒が深々と肉の狭間に消えるのを、はっきりと見た。
「入ってる……」
  亜希が静止した。
  二人の視線が複雑に絡み合った。
「あああ……」
  切迫した射出感に信吾は呻いた。ドッとばかりに押し寄せた快感は、これまで味わったなかで最高最大のものだった。
  肉棒が打ち震えながら熱いスペルマをほとばしらせた時、亜希は急に穏やかな表情になった。そして知らない間に信吾の二の腕をしっかりと掴んでいた。
小説の朗読 声:亜崎 晶

あざき しょう

東京都出身1979年11月10日生まれ 164-B90-W59-H88

写真集や映画、Vシネマにおいて幅広く活躍中。

タグとは

この書籍に付けられたタグ

電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧