新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

美母と息子
相姦の時間割

本を購入

本価格:486(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:600円(税抜)

獲得ポイント:6pt
書籍紹介

最高だ!  ママのふとももは最高だよ!
寝息をたてる実母の女体に触れて、
健一の欲望は爆発した。予想以上にすばらしい、
憧れのママの、ふとももの手ざわり。
少年の青い欲望が美母の女肉をつらぬくとき、
初めて知った、母子相姦・禁断の甘い蜜!

登場人物:
けいこ(-歳)義母、えつこ(-歳)看護婦、あやか(26歳)姉、さよこ(-歳)実母、ともこ(-歳)女教師
シチュエーション:
母子相姦 | 姉弟相姦 | 制服 | 露出(下着・水着・裸) | 更衣室
立ち読み

(ママの部屋へ行って、寝ているところをのぞいてこよう。オナニーはそれからでいい)
健一は起きあがった。ペニスを剥きだしにしたまま廊下に出る。
この時点では、母の体に何かをしようとたくらんでいたわけではない。毛布の裾から脚でもはみだしていてくれたらラッキー──ぐらいの、軽い気持ちだったのである。
ところが、母の寝室のドアを開け、なかをのぞきこんだ健一を待ち受けていたのは、思いもかけない刺激的な光景だった。
景子は毛布も布団もかけておらず、しかもネグリジェの裾を大きく乱して、すやすやと寝息をたてていたのである。
暗いなかでも、むっちりした白いふとももの迫力は格別だった。
(チャンスだ! いまならママに気づかれずに、ふとももにさわれるかもしれない)
健一は生唾を呑みこみ、部屋に足を踏み入れた。ベッドに近づき、胸の高鳴りを抑えられないまま、右手を母のふとももにのばしていく。
指先が地肌に触れた瞬間、健一はビクンと体を震わせ、思わず「あっ!」と声をもらした。憧れのふとももは、予想をはるかに越えた、すばらしい手ざわりだったのだ。
(こんなに気持ちがいいなんて……)
信じられなかった。肌はあくまですべすべで、むっちりと弾力をたたえていた。指に力をこめると、ゴムまりのような弾力で押しかえされる。
(最高だよ、ママ! ママのふともも、最高だ!)
呼吸を乱しながら、健一は夢中でふとももを撫でさすった。最初は指先で触れていただけだったが、徐々に大胆さを増し、とうとうてのひら全体で撫でまわすまでになった。
気がつくと、ペニスはこれまで以上に硬く勃起し、下腹部にぴたっとはりついていた。先端には、すでに先走りの透明な粘液がしみだしてきている。
(駄目だ、もう我慢できない!)
母の寝姿をひと目見たら、自室に戻ってオナニーをするつもりだった。しかし、ふとももの甘い手ざわりを知ってしまったいま、とてもこのまま部屋に帰る気にはなれない。
大きく一度、息をついてから、健一は右手を離し、代わりに左手を母のふとももにのばした。空いた右手で、硬直したペニスを握る。
「ううっ、ああ、ママ……」
熱いペニスをてのひらに感じたとたん、健一の体がブルブルッと震えた。早くも射精感が押し寄せてくる。
(こんなぜいたくなオナニー、初めてだな)
感激に胸を熱くしながら手を動かしはじめると、あっという間に絶頂が襲ってきた。
ペニスの脈動とともに噴出した欲望のエキスは、きれいな放物線を描いて飛び、母の白いふとももに落下していく……。

小説の朗読 声:風祭 ゆき

かざまつり ゆき

東京都出身

1974年、映画『竹山ひとり旅』でデビュー。その後、にっかつ映画に出演。最近はドラマや映画などで存在感のある個性派女優として活躍中。

タグとは

この書籍に付けられたタグ

電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧