新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

熟美母
涼子と狂った息子たち

本を購入

本価格:486(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:600円(税抜)

獲得ポイント:6pt
書籍紹介
家族の目を盗んで次男と相姦に溺れる美しき美母。
自らの手で陰唇を拡げ、息子の剛直を優しく包みこむ。
睦言を交わし合い、禁悦に狂う涼子と省太郎には、
密かに覗く長男の存在など目に入るはずもなかった。
ああ、おれもお母さんと××したい!……
少年に邪欲が生まれ、今、連姦の宴が幕を開ける!
登場人物:
りょうこ(35歳)義母、しほ(-歳)女子高生、あみ(-歳)女子高生、りか(-歳)女子高生
シチュエーション:
母子相姦 | 肛姦 | 覗き | 浴室
立ち読み
「もっとひろげてよ、奥まで見たいんだ」
そう言いつつ、当然の権利のように両手を涼子の内腿にあてがい、乱暴に押し開いた。意外にも涼子は無抵抗で、されるがままになっている。
大して多くない恥毛の下に、くっきりとサーモンピンクの亀裂が現われた。健吾が強引に付け根をひろげさせたので、左右の分厚い粘膜が、まるで活きた貝のようにヌメーッと蠢いて割れ目が出現した。
そこにはたっぷりと透明の溶液が宿っていて、少しずつ外に向かって流れでようとしていた。
「お母さんのオマ×コ、すごく綺麗だ」
それは大袈裟でなく、本音だった。だから、普段は口に出せない四文字言葉が、無意識のうちに飛びだした。
その四文字言葉に、たちまち涼子が鋭い反応を見せた。
「ああ、なんてことを言うの!」
下半身をくねらせ、両脚をもどかしげに擦り合わせるのを見た健吾は、今度は衝動的に手を太腿の間隙に差しこんだ。ヌルヌルのぶよっとしたものが触れた途端、
「ヒィーッ!」
甲高い悲鳴が部屋の空気を震わせた。
その直後、涼子はそうするのが課せられた義務のように暴れた。しかしすでに体力は消耗しつくされていたから、ほんの形ばかりのものにしかすぎなかった。すぐにハアハアと息を切らして抗うのをやめてしまった。
  健吾はすべて計算していた。義母がどんな反応を見せるか予測していたから、冷静にふくらみ全体をソフトに揉んだ。
志穂に教わったすべてのことが有効に作用した。たった一人とのセックスだったが、その経験が大いに役立った。
「いけないわ……許してェ」
そう言う涼子の心情も理解した。義母が闘っているのは、健吾とではなく、自分自身なのだと思った。
時折り中指がぬるついた沼地に滑りこむと、涼子は一度は逃げる素振りを見せるのだが、すぐに中指の動きに同調するように、性器全体を無意識のうちにてのひらに押しつけてくる。矛盾した義母の動きに納得しながら、意識をてのひらに集中させ、慎重に、時には大胆に揉んだ。
元来が男に愛撫されることの大好きな三十女は、歯を食いしばってせりあがる快感に耐えていたが、生々しく正確な手の動きに耐えることはできなかった。指先が触れるたびに、涼子の気持ちを裏切った粘膜は嬉々として戯れに応じ、指に絡みついたりもした。
健吾の手指は薄糊をまぶしたように、女の溢れる愛液で濡れた。
「いけないわ。そんなこと、いけないの……」
拒もうとする声も、はかないものとなっていた。しかも両脚の付け根は涼子を裏切って、少しずつ確実に開いていった。

  


    

  
小説の朗読 声:時任 歩

ときとう あゆむ

東京都出身 1976年10月2日生まれ 162-B87-W58-H88

映画・Vシネマ・テレビ・グラビア等で幅広く活躍中。主な作品として映画『I・K・U』『空の穴』『どチンピラ3』など。

時任 歩公式HP「STOIC」
タグとは

この書籍に付けられたタグ

電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧