新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

双子美妹と兄
相姦の三角関係

本を購入

本価格:535(税込)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:660円(税込)

獲得ポイント:6pt
書籍紹介
狭い体内を抉りつつ剛直が激しい抽送を送りこむ。
深夜のベッドで愛しい妹、基子と耽る禁断の交悦……
愛し合う二人の肉が離れた時、妹の股間に鮮血が!!
あろうことか、裕彦は双子の妹を間違えて交わったのだ!
章子と基子、双子美妹の処女を奪ってしまった淫兄。
狂った三角関係がもたらす悲劇はそこから始まった。
登場人物:
あきこ(-歳)妹、もとこ(-歳)妹
シチュエーション:
兄妹相姦 | 覗き | 処女 | 露出(下着・水着・裸) | 自慰
立ち読み
  裕彦は息を整え、火照った膣口にあてがった亀頭をゆっくり押した。ぬるっとした感触の後、すぐに行く手を阻まれた。明らかに遮蔽物が邪魔をしている。それを無理に押し開こうと腰を進めた途端、
「痛っ!」
ほとばしるような声を出して、基子が両手を突っ張らせて裕彦の胸を押し戻そうとした。
裕彦はあわてて腰を後退させた。
「ごめん」
痛かったのは、問い返すまでもなくわかっている。
可哀想だという気持ちと同時に、内部を歓びが走り抜けた。どう見ても基子がバージンである可能性が強い。
どんなことをしてでも、たった今、基子が欲しかった。とはいえ、基子が痛みに耐えかねて、「いやだ」と言えば、引きさがるだけの気持ちもあった。
だが、基子はひと言も発せず、覚悟を決めて横たわっている。
裕彦は肉棒の先で膣口を擦った。そうすることで基子を落ち着かせ、快感を呼び起こし、不安をなくさせようとした。
基子の呼吸がせわしないものに変わってきた。欲情は断ち切れていなかったのだ。
裕彦はホッとした。
「基ちゃん、いいんだね」
「……大丈夫」
再び柔肉の上に長大な一物の先をあてがう。健気にも基子は、裕彦の腰肉を両手でしっかりと掴んだ。覚悟のほどを知ると、裕彦は自分の罪深さに忸怩たる思いを抱いたが、欲望を捨て去る気持ちにはならなかった。性的欲望のもっとも強く、好奇心旺盛な年頃の男子に、それを望むのは酷といえよう。
罪の意識はあっても、基子が容認した態度をとっていることも、裕彦にはありがたかった。
裕彦は、できるだけ優しく腰を動かし、ペニスを押した。今度は腰にまわしていた
基子の手が、手助けをするように引きつけた。
「ああっ、基ちゃん!」
に公方俊良に伝わった生還の強さに煽られて、我を忘れて一気に押した。強く遮っていたものが、急にスーッと消えた。深い挿入感があった。しかし、それをじっくり味わっている余裕などなかった。
小説の朗読 声:川奈 まり子

かわな まりこ

乙女座 O型 1967年8月23日生 164-B85(C70)-W58-H87

趣味 読書・ビデオ鑑賞 カリスマ熟女として、Vシネマ、ピンク映画、写真集など幅広い分野で活躍中。

タグとは

この書籍に付けられたタグ

おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧