新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

制服美少女・輪姦解剖倶楽部

本を購入

本価格:486(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:600円(税抜)

獲得ポイント:6pt
書籍紹介
女子高生達は犯されるために生まれてきたのか!?
最初の獲物は、小憎らしくも学園きっての美少女・16歳の麻美!
次なるターゲットは清純な18歳の真由!
三人目の餌食は優等生テニス少女・17歳の亜紀!
聖少女達を狙って、今日もレイプ獣が邪牙をとぐ!
登場人物:
まみ(-歳)女子高生、まゆ(18歳)女子高生、あき(-歳)女子高生、かおり(24歳)人妻
シチュエーション:
凌辱 | 処女 | 制服 | キャンパス・学園・大学 | 張型(バイブレーター)
立ち読み
  青柳は淫唇を両手の指で左右に押し開き、剥きだしになったピンクの秘肉を舌先で舐めあげた。
「ああっ、いや、いやっ。やめてえ!」
ぶるっと下半身を震わせて、麻美は甲高い悲鳴をあげた。
「うんうん、スケベマ×コだけあって、拭いてもふいても、後からあとからマン汁が垂れてきてビショビショは直らんなァ」
プルプルと舌先を震わせるようにして、青柳は柔らかな肉襞を舐めつくした。
うん、やっぱり処女はひと味違う……。
甘酸っぱい味と芳香を満喫しながら、好色な中年教師は執拗に舌を這わせる。
「ああ、もうやめてください……」
泣き声で訴えながらも、そのくせ麻美はまた新たな蜜液を溢れさせ、トロトロと淫唇にしたたらせた。
どうしてなの……。
屈辱にまみれながら、勝手に反応する体を麻美は呪った。おぞましい中年教師の舌が這いまわるたび、快楽が衝きあげてきて果芯が熱くなるのが不思議だった。
「ふん。やめて欲しかったらな、こんなにマン汁は垂らさないもんなんだよ。この大嘘つきのスケベ女が!」
青柳はピンクの淫裂に指を一本挿しこんで、濡れそぼつ秘肉をニチョニチョとこねまわした。
「いや、いやァ!……やめてください、はあはあ」
麻美のあえぎが激しくなってきた。
「ほんとはもっとやって欲しいんだろ。でなきゃマ×コの中がこんな状態にはならんもんな」
青柳の指の動きに合わせるように、グチョグチョと湿って卑猥な音が響いた。
「ほんと、高一とは思えんほどのスケベ女学生だな、おまえは」
指の腹でクリトリスをクニクニとこねまわす。
「あっ、あっ、やめてえ」
ぴくんと上体をのけぞらせて、麻美は黄色い悲鳴をあげた。頭の芯まで強い刺激が衝き抜けたのだ。



  
小説の朗読 声:柴崎 怜美

しばさき れいみ

東京都出身 O型 1976年9月28日生 160-B88(E70)-W58-H85

タグとは

この書籍に付けられたタグ

電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧