新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

若未亡人・志麻と美娘

本を購入

本価格:535(税込)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:660円(税込)

獲得ポイント:6pt
書籍紹介
「あああ、お義兄さま、お尻はかんにんして……」
熟れた双臀をくゆらせながら哀願する未亡人、志麻。
性獣と化した男は猛りたつ剛直を菊座へと抉りこむ。
母と娘、二人の裏門を完全に征服した瞬間だった。
あくなき蹂躙と調教、背徳に満ちた淫愛地獄の末に、
若未亡人は一匹の牝に、美娘は女になっていった……。
登場人物:
しま(33歳)未亡人、れいな(-歳)女子高生
シチュエーション:
処女 | 制服 | 肛姦 | 強制舌戯(イラマチオ・クンニリングス) | 張型(バイブレーター)
立ち読み
  この体位だと、志麻の蜜壺が高坂の肉棒を咥えこんでいる様がよく見える。
「ほら、志麻のオマ×コがぼくのをこんなに締めつけているじゃないか!」
「あああ、お義兄様……あなた!」
志麻が結合部分を見ながら感極まったように叫び、身悶える。
  高坂のことを志麻は初めて「あなた」と呼びかけたのである。ついに志麻が自分の女になったと高坂は感じた。
  高坂は言いようのない満足感に酔いながら、下から志麻を突きあげた。
志麻が高坂の手を握り締めてきた。腰から手を離し、そのほっそりした指を絡めるようにしてその手を握り締めてやる。指と指が溶け合う感じである。
「あなた、あァ……」
  息も絶えだえといった様子で、豊麗な裸身を上下に動かす。
  清楚な顔を歪めており、どうやら早くも昇りつめはじめたらしい。首筋から乳房にかけて艶やかな肌にうっすらと汗をかいている。
「志麻、どうした?」
高坂の呼びかけに、
「あああ……いいの。志麻はよくて……」
「どこがいいんだ?  志麻の?」
「志麻のあそこ……」
  熱にうなされたように言う。
「あそこ、ではわからんよ。はっきり言ってごらん」
  なおも高坂が迫る。あくまで高坂は若い未亡人の口から猥語を言わせたいのである。
「オ、オマ×コ、です」
「ほう、オマ×コがいいのか!」
「オマ×コ、いいッ!」
  不意に、未亡人が高坂の期待に応えた。
  しかし、高坂はそれだけでは満足しなかった。もっと淫らな言葉を長い間、空閨に耐えていた志麻の口から聞きたくなったのである。
「誰のオマ×コが気持ちいいんだい?  オマ×コがどうなっているんだい?」
  高坂が具体的に尋ねた。だが、さすがにすぐには答えない。
「どうしたんだい、志麻!  ちゃんと言ってごらん」
「あああ、お義兄様、志麻に言わさないで……」
「そんなに恥ずかしいのか、志麻。しかし、志麻はぼくのこと好きなんだろ?」
「……お義兄様のこと、好きです」
「好きだったら、言ってごらん。ほら、オマ×コがどうなんだい?」
  高坂はなおもかさにかかって強制した。すると志麻は羞恥に頬を真っ赤に染めながら、
「志麻のオマ×コ、志麻のオマ×コ、すごく濡れてるのッ」
  と、訴えるように答えたではないか。
小説の朗読 声:時任 歩

ときとう あゆむ

東京都出身 1976年10月2日生まれ 162-B87-W58-H88

映画・Vシネマ・テレビ・グラビア等で幅広く活躍中。主な作品として映画『I・K・U』『空の穴』『どチンピラ3』など。

時任 歩公式HP「STOIC」
タグとは

この書籍に付けられたタグ

おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧