新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

牝奴隷秘書・恥辱の肉奉仕

本を購入

本価格:486(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:600円(税抜)

獲得ポイント:6pt
書籍紹介
処女を奪われ、純銀の貞操帯をはめられ、
恋人が待つホテルの別室で調教される!
獣の如き専務に囚われた慧子が過ごす
背徳と恥辱、快楽と屈辱の日々。
もう一人の秘書・寧子とのダブル調教を経て
慧子は奴隷秘書披露会議のステージに立つ!
登場人物:
けいこ(-歳)秘書、やすこ(-歳)秘書
シチュエーション:
処女 | 浣腸 | 縄・緊縛 | 張型(バイブレーター) | 肛姦
立ち読み
「さあ、いい声で泣いてもらうぞ」
  専務は慧子のお尻をがっちりと抱えこんだ。そしていきなり、「おうっ!」とばかりに、激しく腰を押しつけてきた。
「あっ……あっ!」
  専務の身体が突いてきた。激しく突いてきた。
  次の瞬間、慧子の処女膜が突き破られた。
「あううっ!」
処女膜が、無惨にも突き破られた。
  膣口の可憐な膜が突き破られた。神秘な膣口が突き破られた。専務のものが未知の膣壺に食い込んできたのだ。
「あうっ!  あうっ!」
  専務の亀頭はなおも、慧子の膣壺に食い込んできた。グイッ、グイッと入ってきた。
「あうううっ」
亀頭が食い込んだ瞬間、破瓜の痛みが身体の芯を通り抜けていった。
  痛かった。それは、身体が二つに裂かれてしまうような痛みだった。お股に杭が打ちつけられ、それがなおも身体に押し込まれているような感覚だった。
「あうっ!」
  慧子は、顔を歪めた。痛みを堪えるように、顔を歪めた。
  それが、専務には良かった。
  確かな手応えがあった。処女を破った手応えがあった。
  専務は、慧子の腿をがっちり抱えこんだ。そして、結びつきを深めるように、腰を振るわせながら亀頭をこじ入れていった。
「あうっ!」
  それが新たな痛みを呼び起こし、慧子は顔をしかめた。無意識のうちに、専務のものを押しだそうとしていた。




    
小説の朗読 声:時任 歩

ときとう あゆむ

東京都出身 1976年10月2日生まれ 162-B87-W58-H88

映画・Vシネマ・テレビ・グラビア等で幅広く活躍中。主な作品として映画『I・K・U』『空の穴』『どチンピラ3』など。

時任 歩公式HP「STOIC」
タグとは

この書籍に付けられたタグ

おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧