新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

禁妹

本を購入

本価格:535(税込)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:660円(税込)

獲得ポイント:6pt
書籍紹介
「ああ、眞美。すごく気持ちいいよ……」
自らの剛直が愛すべき妹の股間に埋まった瞬間、
義兄は締めつける膣の感触に耐えながら呟いた。
甘い肌の感触に酔い、禁断の魔味を貪る二人は、
次兄が企む恐ろしい計画を知るよしもなかった。
16歳の美少女と青狼兄弟、危険な相姦ドラマ!
登場人物:
まみ(-歳)妹、まちこ(-歳)義母
シチュエーション:
兄妹相姦 | 覗き | 母子相姦 | 凌辱 | 処女
立ち読み
「あーん、お義兄さん……私……私……」
あとは声にならない。
「痛かったらいやと言っていいよ」
  そういう言い方で、眞美の本音を引きだそうとした。
「ううん……痛くなんかないの」
  眞美はすぐに否定した。
「じゃ、気持ちいい?」
「よくわかんない……」
否定したわけではない。気持ちいいと言えないから、そういう言い方をしたのだと章吾は判断した。突きあげるような嬉しさがこみあげてくる。ジクジクと鬼頭先端からぬるついたものが流れた。
いつ、これを……。
その時も眞美は、拒むことなく受け入れてくれるかどうか。だが、強行するしかない。
いやがったなら……ああ、どうしよう……。
章吾はもう、先々のことは考えないことにした。その時その場を、直感で判断するしかないのだ。
眞美、ごめんよ……。
心で詫びながら、姫貝のように蠢くびらびら状のものをしゃぶった。
「ハッ、ハッ、ハーン……」
眞美の腰が小気味よく何度も跳ねた。跳ねるたびに膣奥からぬるついた溶液が流れでる。
これが、ペニスの挿入を助ける潤滑油なんだ。眞美の体はすでに受け入れるだけ成熟しているん だ、そう思うとワクワクした。泣きたいほど嬉しい。興奮もした。
   函館行きが、ここまで進展することの不思議さを考えると、やはりこれは二人の運命なのだと思っ た。
   眞美の声と体の軋みは、最高潮といっていいほど絶え間ないものとなった。意味もなく「お義兄さん ……お義兄さん」と口走っている。それは呼びかけたくて言っているのではない。両手を宙に差しだすようにして、なにかにすがりつくような仕草をしている。それが章吾の目にいじらしく映り、悩ましくも見えた。
小説の朗読 声:本城 小百合


1979年3月3日生まれ AB型 161cm B83 W58 H84 特技:エアロビクス、ジャズダンス

タグとは

この書籍に付けられたタグ

おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧