新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

レイピストの学舎
女高校教師は教室で牝になる

本を購入

本価格:607(税込)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:660円(税込)

獲得ポイント:6pt
書籍紹介
悪辣な脅迫者の正体がまさか教え子だったとは!
恐るべき事実を前に女教師・沙耶香は震えた
服を脱ぐのをためらうごとに飛ぶ罵声と嘲笑
屈辱にまみれながらも牝犬の姿勢をとると
少年のものとは思えない剛直が深々と貫く!
知性にあふれた27歳を襲う、鬼畜凌辱地獄!
登場人物:
さやか(27歳)女教師、えりな(-歳)女子高生、あやの(34歳)女教師
シチュエーション:
凌辱 | 自慰 | キャンパス・学園・大学 | 鞭・スパンキング | 映画・ビデオ
立ち読み
  淳一はゆっくりと腰を律動させながら、今は女教師の脇腹のあたりに、そっと舌を這わせている。まるで鳥の羽根でくすぐられるような、繊細な触れ方だった。乱暴なだけの杉山の愛撫に比べれば、驚くほどのやさしさである。やがて、その唇の位置がじりじりと上がってきた。沙耶香はまたも、快楽に湿った熱い吐息を、小さな口から漏らさなければならなかった。
「あう、んう……」
「ねえ、沙耶香先生」
  少年の含み笑いの声がする。同時に、耳たぶをまた、そっと噛まれた。
「先生は、ぼくのなんでしたっけ。もう一度言ってくださいませんか」
「ああ、ん……」
  沙耶香は音程の高い、甘い声で答えた。
「ペ、ペット、です……」
「もう一度」
「あ、あっ……さ、沙耶香はペット……淳一様の、ペットです」
「可愛いなあ。ここ……こんなに、コリコリにして。興奮なさってるんですね」
  少年の指先が、乳首へと伸びてきている。そこは確かに、これ以上は考えられないほどに固く勃起しているのだった。もしでちょっとでもつつけば、甘い桃色の液体が、霧を作って噴き出しそうな感じだった。
「ねえ、先生」
  すぐ耳もとで、淳一はまた、くすくすと笑ってみせた。
「ペットの仕事は、主人を歓ばせることなんですよ。今度は、自分だけ勝手にイッたりしたら、本当に許しませんからね」
「は、ああっ」
「先生、お返事は?」
「は、い……」
  その途端、今度は片方の乳首を、軽く噛まれた。
「ひっ……」
  沙耶香は再び、大きくのけぞった。髪を乱して、何度か強く首を振る。しかし、それは拒絶の仕草ではなかった。むしろ激しく求めている姿勢だった。背を浮かせて、たわわな白い乳房を、教え子の前に差し出している。今はただなにもかもを忘れ、快楽のなかに逃げこみたいと思う沙耶香だった。欲しかった。
「もっと腰を振って」
「ああっ」
「そう。もっと。もっと激しく乱れて」
「は、い……」
  女教師は、両腕でシーツをしっかりと掴んでいた。本当は、のしかかってくる淳一の身体を強く抱きしめたかった。それをしなかったのは、最後の誇りだったのかもしれない。しかし、そんな誇りには、もうなにも意味はなかった。少年の若い肉体に組みしかれ、実は沙耶香は自分から腰を前後左右に動かし続けていた。それも凄まじい勢いで動かしているのだった。目を閉じている。それなのに、また自分の全身が光に包まれるのがはっきりと見えた。その光は金色に光る、ねっとりとした液状の光だった。
小説の朗読 声:秋山祥子

あきやま しょうこ

T157-B88-W58-H83
主な作品として『OL美女』『脂ぎった中年男とのドロドロ性交』『絶対に解かれることのない拘束』『100回射精したくなる、いやらしい唇』他多数。

秋山祥子 オフィシャルブログ
タグとは

この書籍に付けられたタグ

おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧