新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

凌辱バスツアー

本を購入

本価格:495(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:600円(税抜)

獲得ポイント:6pt
書籍紹介
入浴中の温泉に入ってきたのは怒張も露わなツアー仲間!
羞恥や戸惑う間もなく股を割られ恵美の媚肉が穢された!
激しい抽送と罵りのなか、22歳の女体に犯される悦びが……
失恋の痛みを癒すバス旅行が看護婦に女を呼び起こす
凌辱が、暴力的な肉交がこんなに気持ちいいなんて……。
レイプの魔楽に溺れたのは、恵美だけではなかった!
登場人物:
りな(-歳)人妻、えみ(22歳)看護婦、ゆうか(-歳)バスガイド、たかこ(25歳)女教師、しょうこ(-歳)女子高生
シチュエーション:
凌辱 | 浴室 | 逆レイプ | 制服 | 張型(バイブレーター)
立ち読み
  性器を口で愛撫するなんて、不潔よ!……
  そう思っていただけに、男がそれを要求しないことに、ある種の安堵を覚えていたのだった。
  いやよ、こんな不潔な行為って……。
  秘孔のなかを這いまわる男の舌先の感触に、身震いするようなおぞましさを感じながら、恵美は大路の執拗な攻撃に必死に耐えていたが、それは長くはつづかなかった。
  な、なに?  なんなの、これって……。
  頭のなかでは不潔だと思っているのに、肉体が別物のような反応を示しはじめたのである。
  わたし、そんな女じゃないのに……。
  自分では、こういう行為を不潔でいやらしいと断定しているつもりなのに、なぜか快感に女体が震えてきたのだった。
  どうしてぇ……。
  自分がわからなくなり、恵美はパニック状態に陥っていた。
  どうして、こんな気持ちになるの……。
  大路の舌が蠢くたびに、爪先から頭の芯まで快美な衝撃が走り抜け、恵美は上体をのけぞらせて呻いた。
「ううっ……いやよ、いやっ!」
「ふん、よう言うよ。それじゃ聞くけどな、いやって言ってるやつが、どうしてマン汁を垂らしてるんだよ。えっ」
  大路は鼻先でせせら笑った。
「そ、それは……」
「マン汁ってのはな、気持ちよくなきゃ出てこないんだよ。本当にいやだったら、オマ×コのなかは乾いてるはずだろうが」
「ですから、それは……」
  反論したくても言葉が出てこなかった。大路の言っているとおりなのだ。意識ではいやだと思っているのに、快感を覚えているのはまぎれもない事実なのだった。恵美の秘芯は火照って緩み、トロトロと蜜液をしたたらせていたのである。
「べとべとにオツユを垂らしながら、いやもないもんだぜ。この大嘘つきのスケベ女が!」
  罵声を浴びせながら、ピンクの淫裂を割って指を差しこみ、大路は柔らかな肉襞を擦りたてた。
「この音はなんなんだよ」
  指を動かすたびに、ニチョッと湿った密やかな音が耳を打つ。
「ああ、恥ずかしい……」
  恵美は白い頬をピンク色に染めた。女体が勝手に反応しただけだなどという弁解は通用しないだろう。嘘つきと罵倒されても、それに反論できない自分が情けない。
  どうして……。
  心では嫌悪しているはずなのに、心とは別物のように官能の暴走をはじめた肉体が、恵美は恨めしかった。
小説の朗読 声:広瀬奈々美

ひろせ ななみ

6月4日生まれ T168-B89-W59-H88 主な作品として『感じすぎていっぱい潮吹きごめんなさい』『縁切り屋(別れさせ屋) 2』『悩殺SEXYランジェリー』『いい乳 夢気分 伊豆』他多数。

関連リンク
タグとは

この書籍に付けられたタグ

電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧