新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

美少女凌辱日記

本を購入

本価格:495(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:600円(税抜)

獲得ポイント:6pt
書籍紹介

真希先輩の秘唇が僕以外のもので穢される?
美貌の上級生と親友が犯した裏切りに、
和也の青い性は、嫉妬と欲望に支配された。
自らを慕う純情な下級生・里美の処女を奪い、
誇り高い真希にも露出の魔罠を仕掛けてゆく。
二人の少女奴隷に君臨する少年の連続レイプ日記!

登場人物:
まき(18歳)女子高生、さとみ(-歳)女子高生、たかこ(28歳)女教師、のりこ(24歳)年上女(若)
シチュエーション:
凌辱 | キャンパス・学園・大学 | 露出(下着・水着・裸) | 脅迫 | 公園
立ち読み

「さ、触っていいわよ……」
  今にも泣きだしそうな声で真希は言った。
「うん、触るよ」
  和也は緊張した面持ちで両手を前に出した。
  最初に乳首が手のひらに触れた。和也の手のなかで、乳首が膨らんでいくのがわかる。もちろん感じているのではなく、無理やり触られて、肉体が反応しているだけだろう。
「どうしたの?  乳首が勃ってるよ、真希さん」
「余計なこと……言わないで」
  真希は表情を歪めるが、目の下がほんのりと紅く染まっていく。乳首が勃起したことには、自分でも気づいているのだろう。
  和也は、真希の乳房を握りしめてみた。左手の親指は根元が腫れあがっているが、乳房の感触は痛みさえ忘れさせてくれる。
「アウッ……んっ」
  屈辱感からか、あるいは乳房に痛みを感じたのか、真希は眉間に皺を寄せて悩ましげにうめいた。
  指に吸いついてくる肌の感触に、和也も溜め息が出る。
  グイッ、グイッと揉みこんでいくと、透けるように白かった乳房が、少しずつ紅みを帯びていく。
  憧れていた真希の乳房を、粘土遊びみたいにこねまわしていると、和也は得も言われぬ充実感を覚えた。
「そ、そんなに乱暴にしないで……」
  真希が耐えかねたように言った。真希の乳房は、紅く火照っている。
「わかった。もうやめるよ。でも、最後に真希さんの一番大事な場所が見たい。つまり、オマ×コが……」
  和也は目をぎらつかせている。真希は驚くこともなく、あきらめきった顔を和也に向けた。和也の約束がなんの当てにもならないことは、いやというほど思い知らされている。
「仁藤くん、お願いだから、それだけは許して。そんな恥ずかしい場所は、本当に好きな人にしか見せたくないの」
  真希は必死に説得しようとしているようだが、和也にはぐさりとくる言葉だった。力ずくで身体をもてあそぶことはできても、真希の心をつかむことは自分には無理なのだとわかった。
  しかしそうであれば、なおさら真希の肉体に対する執着は強くなる。
「いやだよ。もう、僕は見なくちゃ気がすまない。見せてくれるまで、真希さんを帰さない」
  真希は困惑しきった顔を和也に向けた。和也の表情をうかがいながら、なにかを考えている様子だ。
「ねえ、仁藤くん。後ろを向いて……」

小説の朗読 声:デヴィ

デヴィ

東京都出身1979年1月26日生まれ

160-B86-W58-H842001年『わるのり デヴィ』でデビュー。

タグとは

この書籍に付けられたタグ

電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧