新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

肛奪!
助教授の若妻

本を購入

本価格:495(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:600円(税抜)

獲得ポイント:6pt
書籍紹介
紅き媚肉、白き双臀まで夫の同僚教授に晒し、
長大な浣腸器に肛門粘膜を蹂躙される恥辱、屈辱!
あろうことか、ここは、夫が勤務する大学の研究室……。
婦人科用の内診台に固定された彰子は、
犯罪心理学の被害者実験に使われている。
夫を冒涜する密室では、次なる肛虐実験が計画されていた!
登場人物:
とうこ(29歳)人妻、はるこ(29歳)人妻、なつこ(29歳)人妻、りょうこ(29歳)人妻、あきこ(-歳)人妻
シチュエーション:
肛姦 | 浣腸 | 縄・緊縛 | 張型(バイブレーター) | 監禁
立ち読み
  李の手がさりげなくミニスカートの後ろからもぐりこんで、晴子の裸の双臀を撫でまわしはじめた。
(あッ……そんなッ……)
  ビクッと身体がふるえたが、夫が目の前にいては晴子は声をあげることも、李の手を振り払うこともできない。何事もないように装うのが精いっぱいだ。
  李の手はゆっくりと晴子の裸の双臀を撫でまわしては、プリプリと尻肉を揉み、手のひらで下からすくいあげるようにして尻肉を揺らした。
(ああッ、いや……やめてッ……夫の前ではいや……)
  晴子は唇を噛みしめて、声が出そうなのをこらえた。
  双臀を撫でられ、尻肉を揺さぶられるたびに肛門の捻じり棒を意識させられ、それが微妙に動く感覚に、晴子は思わず声が出そうだ。
  そして晴子が恐れていた李の手が、肛門の捻じり棒にのびてきた。ゆっくりと捻じり棒がまわされる。ジワジワとさらに巻きこまれては巻き戻され、また巻きこまれる責めが繰りかえされた。
「あ、ああッ」
  こらえきれずに声が出た。あわてて歯を噛みしばっても遅い。
「どうしたんですか、奥さん」
  氷室がとぼけて聞きながら、晴子に追い討ちをかけるように、張型に内蔵されたバイブレーターのリモコンスイッチを、ポケットのなかでオンにした。
  たちまち晴子の膣で、張型が淫らに振動し、うねりはじめた。
「ひッ、ひいッ……ああッ……」
  晴子は悲鳴をあげ、ガクガクと膝とハイヒールが崩れた。
  すばやく原田が抱き支えた。
「大丈夫ですか、奥さん。貧血かな」
  原田はとぼけたことを言った。
  さすがに夫も晴子の異常に気づいたらしく、心配そうに晴子を見た。
「晴子、どうしたんだ」
「奥さんは疲れてるんですよ、先生。昨夜はずっと病院につめていて、ほとんど寝てないし、泣いてばかりいましたからね」
  そう、よがり泣きをね……腹のなかでつけ加えて、氷室はニヤリと笑った。
「ご、ごめんなさい、あなた……少しめまいがして……」
  晴子はやっとの思いで言った。
  その間も張型は淫らに振動してうねりつづけ、肛門の捻じり棒はゆっくりとまわされている。腰の力が抜け、膝とハイヒールがガクガクして、原田に抱き支えられていなければ、とても一人では立っていられない。
  もうこねまわされる媚肉も肛門も、腰全体が熱くうずいてとろけるようになった。
  こらえねばと思うほど、淫らな動きを感じてしまう。
  ジクジクと媚肉から溢れた蜜が、ツーと内腿をしたたって、晴子はもう生きた心地もない。
小説の朗読 声:亜崎 晶

あざき しょう

東京都出身1979年11月10日生まれ 164-B90-W59-H88

写真集や映画、Vシネマにおいて幅広く活躍中。

タグとは

この書籍に付けられたタグ

おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧