新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

ママは美人看護婦
童貞治療日記

本を購入

本価格:524(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:600円(税抜)

獲得ポイント:6pt
書籍紹介
私はいけない母親……息子の××を口にしたりして。
私はいやらしい看護婦……患者に××を触らせたりして。
禁断と知りつつも、淫汁を零し震える息子の肉棒を慰め、
性に目覚めた患者の少年に乳首を与えてしまう佐知子。
熟れた女肉が若牡たちのつきぬ欲望に抗えないのだ。
その先にさらなる倒錯が待っていたとしても!
登場人物:
さちこ(32歳)看護婦
シチュエーション:
母子相姦 | 縄・緊縛 | 肛姦 | 病院 | 放尿
立ち読み
  佐知子は、腰の上まで、白衣の裾をまくりあげる。白いパンストにぴっちりと覆われた下半身がそっくり露わになる。小さな白いビキニのパンティも、くっきりと透けて見えている。
  少年は口もきけずに、一心に見つめている。佐知子の動悸もいよいよ速くなって、息さえつまる。
  白衣の裾を腰の上にまくりあげたまま、パンストをおろし、パンティをおろしていく。
「…………」
  少年の喉仏が上下して、ごくりと生唾を呑む音が聞こえた。
  変に隠したりすれば、かえって、いやらしく、卑猥な欲情を刺激してしまう……佐知子は、自分をそう納得させ、ためらう心を振り払って、面と向かい合ったまま、パンティを一気に押しさげていく。
  パンティの縁から、黒いものがのぞいたと思った次の瞬間、まるでざわざわと音が聞こえ、さーっとこもっていた匂いが飛び散るかのような、そんな勢いで、黒い繊毛の群れがいっせいにあふれだし、競い合うように迫りだして、こんもりと盛りあがっていく。
「!…………」
  少年の息を呑む音が聞こえた。目は丸く見開かれ、口も同じように丸く開いて、閉じられなくなってしまっている。
  佐知子は、そのまま、パンティとパンストを膝の下まで、おろしていく。白いストッキングの下から現われた太腿の肌は、赤く染まっていた。
「すごい!  綺麗!」
  ぺっこりと凹んだ下腹部に、くっきりとした逆三角形を描いて、ふっくらと盛りあがった黒い繊毛の叢……艶やかに輝くそれは、目にも鮮やかであるばかりではなく、いかにも柔らかそうで、温かく、そして、いい匂いがしそうで、少年の五感のすべてを圧倒するものだった。この少年にはまだ早すぎる、成熟した女ならではの、艶熟した下腹部の光景だった。
「じゃあ、するね……」
  佐知子はそう言って、トイレの便座に座ろうとした。
「あ、待って」
  少年が右手を伸ばして、佐知子の腕をつかんでとめた。
「えっ?」
「ちょっと……触っちゃ……どんなのか、触っちゃ、駄目?」
  見れば触りたくなる、それは人間の自然の欲求だ。それも、やっと右手が使えるようになった少年の願いだ。佐知子はもうためらわなかった。
小説の朗読 声:佐倉 萌

さくら もえ

2月2日生まれ

主な作品として『ハウスレス・ホーム』『リバイバル・ブルース』『最も危険な刑事まつり』『「実録DV刑事』『DEAD OR ALIVE2 逃亡者』他多数。

タグとは

この書籍に付けられたタグ

おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧