新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

妹・梢

本を購入

本価格:597(税込)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:660円(税込)

獲得ポイント:6pt
書籍紹介
「お兄ちゃん……私は大丈夫。きていいよ」
妹の声にうながされて、章吾は体勢をとった。  
喪失の刻を待つ、淡い繊毛に囲まれた陰唇。
下唇をギュッと噛みしめて破瓜に耐える少女。
両親を亡くした兄妹は、二人だけで生きてきた。
固く結ばれた絆が、今、禁断の絆へと変わる!
登場人物:
こずえ(-歳)妹、なみ(21歳)女子大生
シチュエーション:
兄妹相姦 | 誘惑・挑発 | 姉弟相姦 | 自慰 | 浴室
立ち読み
  梢は章吾の脇に横たわると、その手を取って下腹部の秘められた部分に導いた。そして自らの意志で少しずつ両脚の付け根を開いていった。
「おっぱいも、キスして」
「梢……」
  あの傲岸な純一がなにをしたのかと思うと、いたたまれなかった。夢中でまさぐった。そうしながら、「純一の奴」と言ってしまった。
  その言葉を、梢は敏感な感性で受けとめた。
「私はまだバージンよ。正真正銘のバージン。だから、お兄ちゃん……」
  もう言葉はなかった。
  章吾と梢の間に厳然と存在した血肉をわけた兄妹という垣根は、この時を境に形式的なものと化した。藁の上に横たわっているのは、一人の男と一人の女だった。
  梢は握った。章吾が唸った。このままでは先に終わるのは明白だった。
  ずりさがった。温かい手に包まれていたこわばりは、ひと息ついたように跳ねた。
  南美の熟れた亀裂とは違った端正な赤い裂け目は、それでも女を主張してほんのりと濡れていた。
  優しく口づけした。梢が大きくしなった。舌を下から舐めあげていくと、全身に震えが走った。
  これまでの強い思いこみが、梢の肉体に敏感な感性をもたらしていた。だからひどく感じた。信じられないほど感じた。
「お兄ちゃん!」
  言葉が出ない代わりに、両手が自然と伸びて、章吾の後頭部を抱えこんでいた。
  この時、章吾は妹のすべてがようやく自分の掌中にあることを実感した。
  愛の蜜がとめどなく流れると、くまなく吸いたてた。可憐な肉の狭間のどこから濃厚な愛液が溢れてくるのかわからない。しかし独特な香りをともなった生温かい溶液は、確実に章吾の唇を濡らし、顔を濡らした。
  梢は深い陶酔のなかで、どうしようもなく震える身体をもてあましていた。自分の意志でコントロールできないほど全身は歓びにあふれていた。それは抑えきれない大きな感情のうねりと重なった。
「お兄ちゃん……私、大丈夫。いいのよ。来ていいの」
  その声にうながされて、章吾は体勢をとった。
  淡い繊毛に囲まれた陰唇は充血してぽってり膨らみ、さっきより開き気味の粘膜はひくついて、来たるべき刻を待っていた。
小説の朗読 声:風間 今日子

かざま きょうこ

158-B98-W58-H86

主な作品としてVシネマ『飼育2』『人妻玲子 調教の軌跡』『新人受付嬢』『日本暴力地帯4』『借王3』、ドラマ『世紀末の詩』他多数。

タグとは

この書籍に付けられたタグ

電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧