新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

最高の秘姦【タブー】
六人の人妻

本を購入

本価格:543(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:600円(税抜)

獲得ポイント:6pt
書籍紹介
「今夜だけは、夫のことを忘れていたいの」
結婚指輪をはずし、若妻は羞じらいに目を伏せた。
両足を広げさせ、男は禁断の秘所へ顔を埋めていく。
唇を噛んで嗚咽をこらえる姿は、たまらなく淫靡だ。
人妻秘書を抱き、熟夫人と契り、妻の妹と交わる。
秘姦――それは冒してはならない大罪【タブー】!
登場人物:
なみえ(28歳)人妻、しょうこ(20歳)人妻、ひでみ(31歳)人妻、あやの(26歳)人妻、りょうこ(39歳)人妻
シチュエーション:
不倫 | 言葉嬲り | 誘惑・挑発 | 羞恥プレイ | 覗き
立ち読み
  義妹のぬくもりに、川村は嘆息をもらした。
  彼女の夫以外では、俺が初めてこの感触を味わっているのかもしれないな……。
  鳥肌が立つような優越感をおぼえる。
  また、妻の妹と交わろうとしているという背徳の感情が、腹の底から湧きあがってくるような欲情を喚起させていた。
  川村は亀頭を女裂の下方に押しつけ、淫裂をぐりぐりとこねた。笙子の蜜孔は、淫裂の下方近くにある。そこに埋める前に、亀頭にもたっぷり愛液をまぶした。
「入れるよ、笙子ちゃん」
「ああっ……ちょっと、怖い。お義兄さん」
「大丈夫」
  笙子をリラックスさせようと、川村は唇をほころばせた。
  腰に少し力を入れ、亀頭を女裂に押しつける。笙子ははっと息を呑み、唇を真一文字に引き締めた。
  少しずつ淫棒に負荷をかけ、ミリ単位で肉穴に押しつけていく。笙子の蜜孔はきつく口を閉ざしており、容易には男根の挿入を許してくれそうではなかった。川村はわずかに腰に力を入れた。
「あっ!  うっ!」
  笙子が顔をしかめた。経験の少ない彼女には、自分の肉棒は少し大きすぎるかもしれない。
「痛くても力を抜いて。もう先っぽが入ってるよ、笙子ちゃん。もうちょっとだ。もうちょっと我慢したら、愛し合えるんだよ」
  川村は優しく語りかけながら、淫棒に腰の力を伝えていく。
  締めつけのきつい秘孔に、昂った欲情が少しずつ埋まっていく。亀頭の粘膜に、笙子の体内のぬくもりが、じわじわと沁みこんでいた。
  熱いといっていいほど、笙子の肉洞はぬくもりをたたえている。
  入れたらすぐ達してしまいそうだな……。
  川村は半身を折り、笙子の女体に折り重なった。
  瑞々しい弾力に満ちた乳房の感触を胸板に感じる。笙子の朱唇に唇を重ねた。
  舌を差しだし、義妹の口腔に滑らせる。笙子は吸いつくように唇をすぼめた。その瞬間を逃さず、川村は腰を突きだした。
  ずるっという感じで、昂りが笙子の体内に埋没する。
「んんんっ!」
  笙子の唇から、くぐもった叫び声がもれた。
  唇に力が入り、刹那、舌を噛み切られるのではないかと思った。しかし、笙子は懸命に舌を差しだし、川村の舌に絡めようとしている。
  義妹の口腔に唾液を流しこむと、喉を鳴らして呑んでくれた。眉間には苦しげな皺が寄っている。川村は控えめに腰を動かし、肉洞のぬめりを亀頭の雁で味わう。
小説の朗読 声:北川 明花

き たがわ さやか

160-B88-W56-H81主な作品としてVシネマ『忍者ハメ撮りくん』『女復讐人2』DVD『Sleeping Beauty 〜眠れる森の美女〜』他多数。

タグとは

この書籍に付けられたタグ

電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧