新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

三人相姦 少年と叔母と義母

本を購入

本価格:543(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:600円(税抜)

獲得ポイント:6pt
書籍紹介
白い熟尻が突きだされ、34歳の割れ目が真彦を誘う。
「若いんだもの……中にいっぱい出して……」
美しき叔母の柔肉に包みこまれる魅惑的すぎる初体験。
禁断の甘さを知った14歳の欲望は、28歳の義母までも!
「叔母さんもいいけど、ママの××も欲しいんだ!」
繋がり合い、交わり合う――三人相姦・肉の競艶。
登場人物:
ようこ(34歳)叔母・伯母、しほ(28歳)義母
シチュエーション:
母子相姦 | 誘惑・挑発 | 近親相姦 | 自慰 | 浴室
立ち読み
「ほら、見えるわね」
  陽子がヒップを浮かせると、赤い亀裂の合わせ目から透明液がスーッと糸を引いて垂れた。
  うねって見える割れ目に支え持ったペニスの先をあてがいながら、陽子が天井を仰ぐようにして腰を沈めた。
  真彦はまともに挿入の一瞬を見た。とても大きな肉棒を難なく呑みこんでしまう狭小な女の肉路が、まるで手品仕掛けのように思えてならなかった。
「なにかが当たってるみたい」
  指先ほど鋭敏ではないが、亀頭の先端にゴリゴリしたものが当たって行先を遮っていた。
「ほんとね、感じるわ。私のなかに彦ちゃんを感じるなんて最高」
  上昇する歓喜の波に揺られながら、いつしか陽子はゆっくり、腰を動かし、より強く摩擦感を取りこんだ。
  真彦は恥毛の下で歪む亀裂の形状にひどく興奮した。その奥で分身は女肉によって思う存分こねられているのだ。
「彦ちゃんの目、とても綺麗。キラキラしている」
  歌うように陽子は言い、その直後に鳩が啼くように、クーッと長く尾を引く愉悦の声をもらし、次第にピッチを速めた。
  真彦は叔母の腰肉を引き寄せると、リズミカルな激しい動きに合わせて、強靱な腰を突きあげた。
「それ、いいっ」
  陽子のひと言に発奮した真彦は、必死に叔母の歓びを紡ぎだそうと動いた。
「いいわ……とってもいいの」
  肉路が摩擦されるだけでなく、怒張の先端で子宮を直撃された。そのたびにズシーンと快感が五体を揺るがせた。脳天を突き抜けるような感覚に、とうとう陽子はかつてない狂態を晒した。
「死んじゃいそう……あああ、死ぬ……死ぬう」
  全身を揺さぶって吠えた。
  オルガスムスに向かって突っ走る叔母を見ているうちに、真彦は男としての限界を感じた。なんとか頑張り、叔母の頂上へ駆け昇る姿を見たいと思ったが、五感のすべてを刺激され、情けない声で、「ぼく、出ちゃうよ」と泣き声を出した。
小説の朗読 声:小森 未来

こもり みき

158-B90-W58-H86

新体操インターハイ優勝 主な作品として映画『TAKESHIS'』『恋の門』『コンクリート』、TV『志村けんのバカ殿様』、舞台『志村魂』他多数。

タグとは

この書籍に付けられたタグ

電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧