新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

五つの大罪(タブー)
【禁断の贈りもの】

本を購入

本価格:660(税込)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:770円(税込)

獲得ポイント:7pt
書籍紹介
「あなたと一緒に、溺れてしまいたいの……」
貞淑なはずの若妻が上になり、自ら腰を遣う。
男は乳房を持ちあげ、形が変わるほど揉みしだく。
部下の妻と密通し、夫婦の閨房で重ねるタブー。
麻衣子、綾、梨恵、真奈美、布由子……
危険を覚悟で女たちが捧げた――五つの誘惑!
登場人物:
まいこ(25歳)人妻、あや(18歳)女子大生、りえ(34歳)年上女(熟)、まなみ(28歳)人妻、ふゆこ(39歳)人妻
シチュエーション:
不倫 | シックスナイン | オフィス | 処女 | 誘惑・挑発
立ち読み
  ちゅぶっ、ちゅぶっといういやらしい音がたった。はしたない潤滑音に羞恥をおぼえ、頬が熱くなる。
「そうだ……とっても上手だよ、麻衣子」
  山崎は腰をゆっくり動かし、自らも昂りを麻衣子の口腔に抽送しながら、優しい声でそう言ってくれた。
  誉められると、女体が悦びを露わにするように、股間の恥所からとろとろと愛液がこぼれだしているのがわかる。早くこの昂りを一番感じる場所に埋めてほしくて、麻衣子は一生懸命、肉棒をこすりたてる。
「よし。じゃあ、麻衣子にも気持ちよくなってもらうか」
  山崎は麻衣子を立たせると、浴室の壁に両手をつかせてお尻を突きださせた。股間の秘所だけではなく、お尻の穴まで丸見えになってしまういやらしい体位。
  こんな格好……はしたない……。
  麻衣子はあまりの羞恥に目眩を感じながらも、山崎の肉棒が体内に入ってくるのを待ち望んでいる自分がいることにも気づいていた。
  夫の上司はすぐに肉棒を押しつけてくることはなく、湯船に膝をつき、顔をお尻に近づけてくる。
「ああっ……そんな……恥ずかしい……」
  女にとってもっとも秘すべき場所を、明かりの煌々とついた浴室で、顔を近づけて凝視されるのは耐え難いほどの羞恥を喚起させた。
「気持ちよくなりたいだろ」
  山崎の手が、両の尻たぶにかかる。その優しいタッチに、麻衣子は女体をぴくっと引きつらせた。
「あぅっ……でも……」
  この格好は恥ずかしすぎる。湯船から立ちあがり、壁に両手をつき、お尻を突きだして、秘所も肛門のすぼみも山崎の目にさらしているのだ。
  羞恥と心もとなさにもじもじしていると、山崎の唇が女のもっとも敏感な場所にぴたりと押しつけられた。
「はぁうぅぅっ」
  麻衣子は身を震わせ、かすれた喘ぎ声をもらした。彼の唇はとろけるキスのように、優しく女陰に押し当てられている。
  羞恥も躊躇も背徳感も忘れ、麻衣子は自ら腰を突きだしていた。あまりに気持ちよすぎて、羞じらうことさえできない。
  山崎は女裂に沿って丁寧に舐めあげてくれる。彼の舌が這ったあとは、女肉が悦びの涙を流すようにとろけていく気がした。左の小陰唇、右の小陰唇、そしてクリトリスとまんべんなく、ぬくもりに満ちた舌が這っていく。
  恥所から淫靡な体液が溢れ、こぼれでていくのを、山崎はあまさず舐め取ってくれるようだった。
  子宮が熱くなり、膝頭が震える。麻衣子は浴室の壁に顔を押しつけ、甘い官能の嬌声をもらしていた。
小説の朗読 声:中村 鷹香

なかむら たか

166-B83-W59-H85

主な作品としてVシネマ『続・広島やくざ戦争』『首領の女2』、映画『シュガースウィート』『荒ぶる魂たち』他多数。

タグとは

この書籍に付けられたタグ

電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧