新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

女教師学園
秘蜜の時間割

本を購入

本価格:600(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:700円(税抜)

獲得ポイント:7pt
書籍紹介
ブラウスからのぞく白いうなじ、板書する細い指先。
教壇の上で微笑みを浮かべる彼女は美しすぎた。
少年たちが女教師を犯すのには、理由はいらない。
青い欲望を受けとめるのが、聖職者の運命だから。
英語教師、担任教師、体育教師、教育実習生……
知性に隠された美肉の秘密が今、明らかに。
登場人物:
さよこ(-歳)女教師、みか(25歳)女教師、きょうこ(-歳)女教師、のりこ(-歳)女教師、かおり(-歳)女子高生
シチュエーション:
誘惑・挑発 | 逆レイプ | 凌辱 | キャンパス・学園・大学 | 羞恥プレイ
立ち読み
「ふうあっ……んっ」
  身体の横にあった小夜子の両腕が、智司の背中に巻きついてきた。強く抱きしめてくる。小夜子の身体が火照っているのがわかった。胸に当たる小夜子の乳首は硬くなっている。
  手を小夜子の下半身に伸ばして、秘裂を探った。
「ウウウンッ!  フウウッ……」
  小夜子のうめきが大きくなる。指先に湿り気を感じた。肉芽をやさしく揉んでやると、見るみる濡れていった。
「先生、濡れてるよ。欲しがっている証拠だね」
「ち、違うわ……ハウッ!  ご、誤解よ……ンンッ」
  小夜子は必死に否定するが、口からは艶っぽい喘ぎがもれてしまう。
「なに言ってるんだよ。こんなにグショグショにしているくせに」
  智司は、小夜子の肉孔に指を差し入れてやった。充分に潤った秘裂は、なんの抵抗もなく二本の指を呑みこんだ。
「アウッ!  アアアアンン……」
  小夜子の声が大きくなっていく。肉孔に差しこんだ二本の指が、柔肉によって小気味よく締めつけられた。
「も、もう駄目……こんなの耐えられない!  ハアアッ」
  小夜子は腰をよじる。自分がどういう状況に置かれているのかさえ、小夜子は忘れつつあるようだ。
「先生、正直に言いなよ。入れてほしいんでしょう?」
「そ、そんなこと……」
  智司の挑発に対して、小夜子ははっきりと否定できない。媚びるような目が智司に訴えかけてくる。
「はっきり言ってよ、先生。言わなければ、このまま生殺しだ」
  指をゆっくりと出し入れしながら、空いた手で乳首を弄んでやる。
「アアッ……ううんっ……」
  小夜子の甘いうめきを、何度も絞り取ってやった。
「お、お願い……もう駄目……い、入れて……」
  小夜子は口をパクパクさせて、喘ぐように言った。
「フフフ、いいよ、先生」
  智司は勝ち誇った気分で、小夜子の両脚を大きくひろげてやる。小夜子の身体を折り曲げるようにしてやると、恥ずかしい器官がすべて晒された。
  濡れ光る秘裂をもう一度撫でてやる。
「アウッ……ンンッ!」
「入れるよ、先生」
  全開された小夜子の股間に、智司は勃起したペニスをあてがった。じわじわと肉の感触を味わうように押し進めていく。
小説の朗読 声:中村 鷹香

なかむら たか

166-B83-W59-H85

主な作品としてVシネマ『続・広島やくざ戦争』『首領の女2』、映画『シュガースウィート』『荒ぶる魂たち』他多数。

タグとは

この書籍に付けられたタグ

電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧