新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

二人の熟夫人
狂った寝室

本を購入

本価格:597(税込)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:660円(税込)

獲得ポイント:6pt
書籍紹介
「初めての相手が、わたしでもいいの?」
Fカップの乳房を両腕で隠し、大学生に囁く和季子。
「わたしを彼女だと思って、好きにしていいのよ」
柔尻をくねらせ、硬い肉茎を優しく包むひとみ。
32歳と36歳、同じマンションの熟夫人と重ねる密会。
夫のいない昼下がり、隣りの奥さまは美獣になる!
登場人物:
わきこ(36歳)人妻、ひとみ(32歳)人妻
シチュエーション:
不倫 | 誘惑・挑発 | 羞恥プレイ | 露出(下着・水着・裸) | 言葉嬲り
立ち読み
(ま、まだ半分も入っていないのに、こんなに……感じるなんて!)
  おかしくなってしまったのか、そう不安になるくらいに感じている。すでに、これまで夫とのセックスで感じていた快感を軽く凌駕していた。
  夫の久司が淡白だったせいか、和季子のセックスでの快感は小さかった。それでもときおり、声が出そうになることがあって、それが女の悦びなのだと思っていた。それが、思い違いであったことを知らされた。
(ぜんぜん違う!  ぜんぜん、違うの……)
  まだ挿入も途中だというのに、脳天がジンジン痺れるようなこの快美感。根元まで完全に挿入し、激しいピストンで突きあげられたら……。
(どうなってしまうの、わたし?……)
  快感の桁が違う。それも、二桁くらいは優に、違うのだ。
  軽く腰を持ちあげ、そしていよいよ、和季子が腰を振りおろした。
「フゥ、ン!  は、入ったわ」
  ついに、和季子の股間と一樹の股間が密着した。一樹の肉棒が、根元まで和季子の肉壺のなかに埋まりきっている。ふたりが完全に一つになった瞬間だった。
「アアアッ!」
  和季子が声を張りあげた。喉もとから、悲鳴のような呻きがほとばしりでる。
「うぉ、おおおっ!」
  一樹も声を搾りだしていた。十九歳の童貞喪失の瞬間だった。
「クッ……ど、どうかしら、一樹、くん……これが女よ。これが、セックスなの……」
「は、はい。すごく、気持ち、いいです。すごい」
「じゃあ、少しわたしが、動いてみるわね」
  こうしている間にも、肉棒がはまりこんでいる、というだけで、ジンジン、ジンジンと快美が和季子をさいなんでいるのだ。それでも一樹をリードしようと、和季子は一樹に話しかける。
「出そうになったら……出しても、いいのよ」
「でも、それじゃ」
「いいの。今日は、安全日だから、だいじょうぶよ」
  和季子は軽く腰を持ちあげた。
  ズッ。肉棒が引き抜かれる。びっしょりと和季子の蜜を絡みつかせた一樹の肉幹が、肉穴から吐きだされてくる。
「……ゥ!」
  それだけで、声がもれてしまう。
  一樹の亀頭はまだ和季子のなかだ。このまま……、
  思いきり腰を振りおろした。
「ヒィッ!」
  ドッキングする股間と股間。一樹の肉棒が、和季子の肉壺をえぐりあげる。和季子の身体が、一樹の上で硬直する。
「す、すごいわよ、一樹くん、とっても、気持ち、いいわ!」
小説の朗読 声:中村 鷹香

なかむら たか

166-B83-W59-H85

主な作品としてVシネマ『続・広島やくざ戦争』『首領の女2』、映画『シュガースウィート』『荒ぶる魂たち』他多数。

タグとは

この書籍に付けられたタグ

電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧