新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

【妖精と小悪魔】二人の制服少女

本を購入

本価格:600(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:700円(税抜)

獲得ポイント:7pt
書籍紹介
絖白く輝く無垢な柔肌、口づけすら知らない紅い唇。
「私、初めてだから優しくしてほしいの」
震える手で制服をはだけ、純潔を捧げる少女たち。
小悪魔のように危険な誘惑を仕掛けてくる麻衣も、
妖精のようにあどけなく甘えてくる双葉も、
少年の腕のなかで今、女へと生まれ変わっていく。
登場人物:
まい(-歳)女子高生、ふたば(-歳)美少女、るみ(28歳)女教師、みつこ(-歳)家庭教師
シチュエーション:
処女 | 制服 | キャンパス・学園・大学 | 脅迫 | 言葉嬲り
立ち読み
「慎一くん……私、すごく嬉しい」
  双葉は息を弾ませて言った。肉裂から歓喜の涙が垂れ落ちる。言葉よりも肉体が、慎一のペニスを誘っていた。
「僕もだ。双葉のなかへ入りたいよ」
「うん……」
  頬を薄桃色に染めて、双葉はうなずいた。
  慎一はペニスを双葉の膣口にあてがった。亀頭で軽く触れただけで、双葉はぴくりと肩を震わせた。
  精神的にも、肉体的にも双葉は敏感になっている。
「入れるよ」
  慎一は腰を進めていく。双葉の反応を見ながら、ゆっくりとペニスを挿入した。
「ああっ……ふうっ」
  双葉は唇をかみしめていたが、それでも甘い声がもれる。
  まだ誰も受け入れたことのない性器は、肉茎をきつく締めつけてくる。ペニスと柔肉をなじませるように、小刻みに引いては押し、押しては引いた。
  少しずつではあるが、双葉の肉裂がペニスと一体化していく。互いの分泌液が混じり合い、粘膜が馴れていくのがわかる。
「ううっ……アアンッ!」
  ペニスが奥へと向かっていくのを、双葉のか細い喘ぎで確認した。柔肉が脈打つようにペニスを絞りあげる。
「大丈夫か?  やめてもいいんだよ」
  苦痛に歪む双葉の表情を見て、慎一が尋ねる。バージンを奪うのは初めてだから、双葉の反応が気になって仕方がない。
「やめないで……私は大丈夫」
  息を荒くしながらも、双葉は必死に訴えてくる。慎一はうなずいて腰を進める。
「あ、熱いわ……でも、素敵な感じ!」
  双葉が感極まったように叫んだ。内部のやわらかな襞が、亀頭を完全に咥えこんでいる。
  少しずつ腰の動きを速めていく。ペニスが往復するたびに、柔肉の密着感が増して言った。
「ふあっ……んっ、フウウンッ!」
  ときおりもれてくる双葉の喘ぎが、慎一を昂らせた。体重をかけないように注意して、双葉に覆いかぶさった。双葉の体温を感じる。ずっと求めていたものを手に入れたのだと実感できた。
小説の朗読 声:映美

ヨンミ

163-B87-W58-H88

主な作品として1st写真集『HWAN SAENG(ファンセン)』、1stイメージDVD『映美 SEOUL SEXY』他多数。

ミューズコミュニケーションHP
タグとは

この書籍に付けられたタグ

電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧