新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

禁忌の運命
先生が僕のママになる夜

本を購入

本価格:571(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:300円(税抜)

獲得ポイント:3pt
書籍紹介
白い太腿がゆっくりと開き、濡れた裂け目が露わになる。
紅く色づく乳首も妖しく繁る叢も、すべてが誘惑への招待。
「今夜だけ、私はあなたの先生で恋人で、ママよ」
少年は気づいていた、憧れの女教師が最愛の母であると。
静香は知っていた、我が子との最後の夜になることを。
大人の階段をのぼる少年へ、37歳の美母が捧げた贈りもの。
登場人物:
しずか(37歳)女教師、ゆきえ(-歳)年上女(熟)
シチュエーション:
母子相姦 | 保健室 | 自慰 | 誘惑・挑発 | 浴室 | キャンパス・学園・大学
立ち読み
「熱なんかないよ。あるのはこっちだよ。ほら」
  いきなり章吾が毛布をまくったので、ついつられるようにそこを見た静香が、思わずのけ反った。剥きだしになった下半身からは、隆々といななく屹立が、これ見よがしにひくついていた。
  静香は呆気にとられてそこを見つめた。
「この前のように舐めて。先生の唇を見ているうち、ビンビンに勃ってどうしようもなくなったんだ。ねえ、早くして。人が来ないうちに早く」
「あなた、ここをどこだと……」
  静香はもう声がつづかない。
「手だけじゃいやだからね。ちゃんと舐めたりしゃぶったりして。さあ」
  まるで駄々っ子だった。静香が拒むことなどまったく考えていない。
  そして静香のほうも抗ったりたしなめることすらできなかった。催眠術にでもかかったように、静香は怒張に手を添えた。そしてゆっくりと摩擦しはじめた。
「ああー、すごいや。学校でこんなことしてもらえるなんて……ねえ、先生、そろそろ舐めて。なんだかたまんない気分なんだ」
  静香はもはや章吾の言いなりだった。それにグズグズしていると、本当に誰かがやってくるかもしれないのだ。見つかれば一大スキャンダルになる。気もそぞろだった。
  ベッドの脇に腰かけたまま、かがみこんで肉棒に唇を近づける。そのまま亀頭から一気に咥えると、饐えたような匂いが口のなかにひろがった。本来なら決して好ましくない匂いなのに、性的な感覚が揺さぶられ、恥ずかしい女の粘膜が震えた。
  非現実的な空間と、いつ人が来るかもしれないという恐怖感が、かえって二人の身心を昂らせた。
  ああああ、こんな時になんてこと……。
  パンティに生温かいものが染み通っていくのをはっきり感じた。あってはならない現象に動揺しながら、静香は一刻も早く終わらせようと口を強くすぼめ、王冠のあたりをチロチロと掃き、時には唇をスライドさせながらきつく絞りこんだりもした。
「もう出そうだよ……ああ、あァァァァーン」
  いやらしく腰を振る章吾の姿は十六歳の高校生とは思えない。
小説の朗読 声:穂花

ほのか

156-B85-W56-H85

日本アダルト放送大賞2007・女優大賞受賞。主な作品として映画・Vシネマ「テレビばか り見てると馬鹿になる』『艶子の湯』『NIPPLES』DVD『裸体』『キレイヤセックス』他多数。

穂花公式HP
タグとは

この書籍に付けられたタグ

電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧