新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

僕たちの秘密
彼女の母・彼女の姉

本を購入

本価格:734(税込)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:770円(税込)

獲得ポイント:7pt
書籍紹介
「私とこんなことしてるの、あの娘には内緒よ」
汗ばんだ下着を脱ぎ捨て、少年に跨る彼女の母。
38歳の未亡人とは思えない裸身が妖しく揺れる。
本格フェラチオ、M字クンニ、高速騎乗位……
セックスの手ほどき、という名の秘密レッスン。
そのすべてを彼女の姉に覗かれていたなんて!
登場人物:
ゆみこ(38歳)未亡人、りえ(19歳)女子大生
シチュエーション:
フェチ | 自慰 | 覗き | 処女 | 誘惑・挑発 | 羞恥プレイ | シックスナイン
立ち読み
  股間を密着させたまま、由美子は薄く微笑み、上体を彼に重ねてきた。そして両腕を和真とシーツのあいだにもぐり込ませ、激しく抱きしめた。
「ああっ!  真鍋君!  なんて可愛いの、あなたって!……」
「おばさん!  おばさんと僕って、ぴったり、ですよね?」
  和真も由美子の背中に腕を回す。彼女の体は熱く、かなり汗ばんでいた。彼女の髪がひとふさ、和真の顔の横に垂れてきた。入浴後まもないトリートメントの香りが濃厚に鼻をつく。
「ええ、ぴったりだわ!  おばさんもう、真鍋君を離したくなくなっちゃった……」
「ぼ、僕もです。おばさんとずっと、こうしていたい……」
  由美子が和真の首筋に顔を当て左右にこすった。和真は顔をのけぞらせて、くすぐったさに耐える。
「うふふ、結婚しましょうか、私たち?」
「あはっ、そうしたら、亜弥と理恵さんは僕の義理の娘になっちゃいますね?」
「そうよ。そして真鍋君とおばさんで、亜弥たちの、弟だか妹だかをつくるの」
「…………」
「大丈夫よ。今日は安全日だから。それに私ぐらいの年齢になると、実際妊娠しにくくなるの」
「え、じゃあ……」
  由美子は見上げる格好で和真と目を合わせ、口を閉じたまま微笑んだ。
「中に、出して。おばさんの、真鍋君」
  顔を寄せ、和真と唇を重ねた。二人は同時に舌を絡めあい、唇を舐めあった。互いの鼻息がかかり、顔が熱と湿気を帯びてくる。和真が腰をふいに軽く突き上げると、重ねた口の奥から、「んんっ」と苦しそうな声がもれた。
「おばさん、今度はちがう格好で入れてみたいんですけど……」
「……いいわよ」
「一度、抜いてもいいですか?」
「うふふ、寂しいことを言うのね」
  彼女は上半身を起こし、股間に手を添えてゆっくりとペニスを抜いていった。最後の亀頭が抜ける瞬間、二人は、うっ、と搾り出すような声をあげた。
「……どうすればいいのかしら?」
「四つんばいになってほしいんです。それで後ろから……」
「わかったわ」
  膝と手だけで彼女は姿勢を変え、和真にお尻を向けた。街灯に青白く浮き上がるふとももにも汗が滲んでいて、わずかな光でもむっちりした印象を放っていた。
小説の朗読 声:薫 桜子

かおる さくらこ

12月12日生まれ T157-B101-W63-H89

主な作品としてVシネマ『くりぃむレモン夢のあとに』、映画『裸の三姉妹淫交』『メイド探偵』他多数。

タグとは

この書籍に付けられたタグ

電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧