新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

【甘蜜】下町三人娘

本を購入

本価格:714(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:800円(税抜)

獲得ポイント:8pt
書籍紹介
僕が住む町には男の目を釘付けにする三人の美女がいる。
勝ち気なくせに甘えん坊のFカップ、19歳のじゃじゃ馬娘。
子供の頃から憧れていた隣りのお姉さん、23歳の純潔娘。
頑なな態度の裏に寂しがり屋の躯を隠す26歳の生意気娘。
三つの女肉に誘われて、真治はオトナの階段をのぼる。
人情ほっこり、淫情たっぷり――僕の下町楽園生活。

<もくじ>

序章
第一章  グラビアアイドル19歳  Fカップの誘惑

1  撮影会            2  密着車内
3  バイト代          4  遠慮しないで

第二章  一流トレーダー26歳  赤マニキュアの手筒

1  セレブの素顔      2  最も危険な自慰
3  ゴムアレルギー    4  逆転姦係

第三章  地元の信金勤務23歳  敏感すぎる身体

1  尋問              2  下町純情娘  
3  下町淫猥娘        4  初体験は大騒ぎ

第四章  玲香&葉子&春美  みんなで一緒に      

1  じゃじゃ馬娘の憂鬱      2  VS!!
3  一難去ってまた修羅場!?  4  次は当然…よね?

第五章  憧れのひとと…  やさしい蜜肉

1  忘れられない日曜日    2  成就する想い
3  念願の…              4  大好きなひと

終章                                          342
登場人物:
れいか(19歳)女優・アイドル、はるみ(23歳)銀行員、ようこ(26歳)キャリアウーマン
シチュエーション:
誘惑・挑発 | 下町 | 露出(下着・水着・裸) | 浴室 | 手コキ | 4P | ハーレム
立ち読み
「フェラチオもぱいずりもしてあげたんだから、次は当然……でしょ?」
  そう言って微笑んだ玲香の顔を、きっと真治は一生忘れない。
「あぁ!……」
  感動のあまり言葉が見つからなかった。立て続けに二度射精しているというのに、勃起にますます力が漲ってくる。彼女いない歴十七年とはいえ、こんな瞬間がいつか来るとは信じていたが、それがまさか今日だったとは……。すっぽかしたバイトは間違いなくクビだろうが、そんなことなどどうでもいい。
「でももし真治くんが、私が相手じゃ嫌だって言うのなら、またお口でしてあげるだけにするけど……」
「ばっ、バカなこと言わないでください!  イヤなわけありません!  玲香さんとセックスできるのに、イヤだなんてとんでもな……うぷ」
  思わず大声で叫んだ真治の口を、玲香があわてて手で押さえた。
「もう、何度言ったら判るの?  ここはロケバスの中なのよ!?  それなのに、あんな大声で、私とセックスするだなんて……」
「す、すびばせん……うぷ……ごめんなさい」
  もう……と、頬を膨らませてみせた玲香は、すぐに優しい笑顔に戻る。
「……でも、せっかくの初体験なのに、こんな狭くて汚いところでごめんね?」
「そ、そんな、玲香さんと初体験できるだけで、僕はじゅうぶん満足ですから……」
  玲香が初体験の相手ならば、場所など大した問題ではない。
「そう言ってくれると、私もすごく嬉しいよ。よ~し、こうなったら私、真治くんのおちん×んが溶けてなくなっちゃうほど頑張っちゃうから。なんてね」
  乳房に残った真治の残滓を、ウエットティッシュで拭うと玲香は、姿態をわずかに隠している、極小水着を脱ぎ捨てていく。
「あぁ……」
  生まれたままの姿になった玲香に、思わず感嘆の溜め息をこぼす。玲香の茂みの黒が、汗に濡れた白い腿と、淫らなコントラストを作りあげる。
  完璧なヌードとなった玲香は、真治の膝に跨った。
「真治くんは初めてだから、私が入れてあげるね」
  玲香が、真治の腿から腰をあげた。後ろ手に勃起を握ると、その切っ先を、己が入口にあてがう。
  腰を浮かせた玲香に、根元を持って立てられた勃起が見えた。切っ先に、玲香の恥毛が触れんばかりに茂っているのを見て、真治の呼吸が荒くなっていく。
「あぁ、いよいよ……」
  思わず呟いた真治を見て、唇だけで玲香が笑う。
「真治くんは、気を楽にしてればいいのよ。変に緊張しちゃうと、すぐに射精しちゃうかもよ?……ふふっ、今のは冗談」
  興奮しているのか、玲香の声はいつもよりかすれていた。
「さぁ、私のおま×こで、初体験してね?……」
  小さく深呼吸すると、玲香は真治に微笑んで、ゆっくり腰を落としていく。
「あ」
  みちゅ……というぬめりを、真治は亀頭の先に感じた。
  玲香は真治の先を揺らして、花びらを左右に開かせると、さらに腰を落としていく。
「あ……は、入っ……て……く……あぁ」
小説の朗読 声:雪見 紗弥

ゆきみ さや

12月1日生まれ T156-B86-W59-H86

主な作品として映画『快楽女の手帳4 雪見紗弥』『あなた、許して…。欲情に流されて』『溢れだす美熟女の泉 〜敏感なおもらし受付嬢・紗弥』他多数。

タグとは

この書籍に付けられたタグ

おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧