新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

ふともも四重奏【義母・姉・妹・叔母】

本を購入

本価格:695(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:800円(税抜)

獲得ポイント:8pt
書籍紹介
「見たいんでしょ?  ママのいやらしいところ……」
自らスカートをまくり、秘奥をさらす36歳の義母。
艶めかしい白いふとももの奥には相姦への入口が!
年上の挑発で始まった、家族に秘密の個人教授。
柔らかな肌に溺れる少年を物陰から見つめる視線が……
鞠子、綾香、芽衣、夏代……僕と四人の甘い生活!

<もくじ>

第一章  女系家族に男は僕ひとり!?【ふともも楽園】
          1・義母のパンティ
          2・弱気な夜這い
          3・ママのぬかるみ

第二章  淫らすぎる姉貴【おっぱいコンプレックス】
          1・ミルク風呂
          2・S姉のご奉仕
          3・結ばれた姉弟

第三章  最高にかわいい妹【年ごろの小悪魔】
          1・エッチの練習
          2・触りっこ
          3・お兄ちゃん、抱いて……

第四章  美しすぎる叔母【知的なエッチはいかが?】
          1・女の勘は怖い
          2・熟女の膝まくら
          3・年上のおねだり

第五章  羞じらいの義母【むっちりふともも】
          1・私の中に出して
          2・お尻のバージン
          3・深夜の相姦会議
登場人物:
まりこ(36歳)義母、あやか(23歳)姉、めい(-歳)妹、なつよ(29歳)叔母・伯母
シチュエーション:
母子相姦 | 姉弟相姦 | 兄妹相姦 | フェチ
立ち読み
  ズンッ、と下腹部に切ない感覚が走り、鞠子は顎を出して呻いた。
「ママ、チ×ポの先が、なにかに当たってる?……」
「オチン×ンの先っぽが、子宮に届いたの。ママ、体じゅうで歓迎するわ……」
  二人の陰部が重なり、陰毛がこすれ合った。
「どう、ママの中の居心地は?  目を開けてママを見てほしいわ」
  指先まで痺れるような快感に耐えつつ、努めてやさしい声を出した。
「僕、ママが父さんと再婚したときから、すてきな人だと思ってた。でもまさか、そのママと僕がオマ×コできる日が来るなんて……夢みたいだよ」
  陶酔した表情の直樹。自分たちの行為が間違ってはいなかったと鞠子は確信する。
「ああっ、ママ、抜いちゃダメッ……」
  腰を上げていくと、直樹は母親に手を離された子供のような声を出した。
「大丈夫よ。こうして、ほら、また」
  亀頭だけを残したところで、再び腰を沈め、息子の男根を迎え入れた。
「こうやってオチン×ンとオマ×コをこすり合うの。あんっ……そうして、お互いに気持ちを高め合うのよ。二人の気持ちがいっぱいになったときに……あとはわかるわよね?  ああんっ」
「ママ、僕、避妊具とか、してないけど」
  直樹が目を開き、不安な声を出した。
「うふふ、子供はそんな心配しなくていいの。ママの中に、思いっきり気持ちを吐き出してくれていいのよ。大丈夫だから……」
「ほんとに、ママの中に、出していいの?」
  ゆっくりと腰を上下させ、前後に揺らしつつ、ええ、と鞠子は苦しげに答えた。
「ねえ、ママとつながってるとこ、見たい」
「いいわよ。そのまま少し、体を起こしてみて」
  両手を布団につき、直樹は上体を少し起こした。鞠子は膝を立ててしっかり両脚をふんばる。やや不恰好だがこのほうが股間の密着が安定する。
「ほんとだ、僕のチ×ポ、ママの中に突き刺さってる!……痛くないの?」
「うふん、すごく気持ちいいのよ。きっと直樹君のオナニーの、何百倍も……」
  たっぷりの淫蜜にまみれ、現れては消えるペニスをうっとりと見つめる直樹。
「触ってみて。ほら、ここに直樹君のオチン×ンが入ってるのよ」
  息子の両手を取り、そっと自分の腹部に当てさせた。
「あはっ、チ×ポだけ赤ちゃんになってるみたい」
「うふふ、このオチン×ン、いつまでもママのお腹で大切に育てたいわ。もっと大きく、硬くなるように……あんっ  急に中で動かしちゃダメ。やんちゃな赤ちゃんね」
  鞠子は首をのけぞらせた。息子の両手に自分の手を重ね、ずり上げさせる。
「直樹君の手で、ママのおっぱいを、かわいがってちょうだい」
  さらに上体を起こし、直樹は両手で乳房を覆った。途端に乳首がしこり始める。
「おっぱいの先っぽも、ビンビンに尖ってきてる」
「直樹君の大きな手で包んでもらうと、すごく安心するわ」
  直樹の両手を、自分の手で外側から覆い、強く胸に押しつけ、こね回した。
小説の朗読 声:雪見 紗弥

ゆきみ さや

12月1日生まれ T156-B86-W59-H86

主な作品として映画『快楽女の手帳4 雪見紗弥』『あなた、許して…。欲情に流されて』『溢れだす美熟女の泉 〜敏感なおもらし受付嬢・紗弥』他多数。

タグとは

この書籍に付けられたタグ

おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧